今話題の商品 No.1
ダイエットと痩せる漢方薬(脂肪過多に効く)
「九味半夏湯加減方」くみはんげとうかげんぽう

メタボリックシンドローム対策 No.1=ウエスト太めは要注意! 男性85cm!女性90cm!!

 
 ◎神奈川県◎36歳◎薬局勤務 Y.Aさん(♂)の場合

やせる漢方薬で12キロの減量に成功し、ボコッとついていたわき腹の脂肪が消失

【立ち仕事が続いても疲れない】


 暴飲暴食が体によくないことはわかっていても、改めるのはなかなか難しいものです。
私も、「よくないなあ」と思いながらも、周りの人が驚くくらい、飲んだり食べたりの生活をしていました。
 私の場合、食生活の乱れは社会人になってから始まりました。仕事の関係で、毎晩のように遅くまで飲んでいたのです。
学生時代には58キロだった体重が、78キロまだふえました。身長は172.5センチですから、相当オーバーしています。
 20キロも太ると、体調も悪化してきました。とにかく、だるくてたまりません。立ち仕事ですから、夕方にはもうヘトヘトでした。
また、その疲労が、翌朝になっても抜けないのです。寝覚めも悪く、なかなか起き上がることができませんでした。
 そんなときに、九味半夏湯加減方という漢方薬の話を聞いたのです。
 「水分や脂肪の代謝(体内での利用と排出)がよくなるんです。無理なく、自然に適正体重にするには最適ですよ」ということでした。
私は「もしかしたら、その漢方薬は自分に合っているかもしれないな」と思い、早速飲んでみることにしました。
 私は毎食前に、一日三回飲むことにしました。飲み始めると、まず最初にトイレが近くなりました。とにかく、おしっこがよく出るのです。
接客していなければ、30分おきに行くようなこともありました。でも、不思議なことに、夜寝ているときには尿意を催すことはないので、睡眠に支障はありません。
 便の出方も変わりました。以前は、下痢ぎみのことが多く、排便後もスッキリしない感じがありました。
ところが、この漢方薬を飲み始めてからは、毎朝、便座に腰掛けるとスルッとバナナ便が出るのです。残便感もありません。
 そして、1ヵ月後には体重が5キロもへっていました。食事制限もしませんでしたし、お酒を控えることもしなかったので、驚きました。
 「代謝を高めて自然にやせるというのは、ほんとうだったんだ」と、漢方薬の威力に感心したものです。
逆に、それまでの自分が、いかに代謝が悪かったかと思うと、ゾッとしました。
 この時点で、体調が格段によくなっていました。立ち仕事が続いても疲れませんし、朝もパッと目が覚めます。
「これは体にいい!」と確信し、その後も飲み続けました。

【お尻も小さくなりズボンがブカブカ】

 わずかずつですが、体重はへり続け、五年たったときにはトータルで12キロもやせて、66キロになりました。
 体が軽くなり、仕事中のフットワークも良好です。同僚にも「動きが素早くなった」といわれます。
 12キロやせた時点で、適正体重の範囲になったので、この漢方薬を飲むのをやめました。
 以前にはいていたズボンは、すべてブカブカになっていました。
上半身もLサイズからMサイズに変わったので、肩や背中のぜい肉も落ちたのでしょう。
 自分の実感としては、腹周りや腰周りがいちばんやせたように感じます。ウエストサイズが78センチから73センチになりました。
特に、わき腹にボコッとついていた脂肪が、きれいになくなったのには、我ながら驚きました。
 お尻周りも、ずいぶん細くなりました。ズボンをはいたときの感じで、自分でもわかりますが、職場でもしょっちゅう、「お尻がかなり小さくなったよな」といわれるのです。
 さらに、この漢方薬を飲み始めて、肌がきれいになりました。私は脂性の肌質に加え、日々の暴飲暴食で、しょっちゅう顔に吹き出物ができていました。
それが、いつの間にか吹き出物が出なくなり、ツルツルスベスベの肌になったのです。
 漢方薬を飲むのをやめてから三年たちますが、リバウンド(いったんへった体重が元に戻ること)はありません。
体調も相変わらず良好ですし、吹き出物もできません。漢方薬をしばらく飲んだことで、体質が改善されたのではないか、と思っています。


漢方解説:

昌平クリニック院長 杏林大学名誉教授 鍋谷欣市先生


【老廃物が排出され新陳代謝がよくなる】

 トイレが近くなったり、便の量がふえたりするのは、体内にたまっていた老廃物が排出されている証拠です。
 蒸気機関車がよく走るためには、石炭の燃えを殻をこまめに捨てて、煙突掃除をしっかり行わなければなりません。
人の体も同じことです。余分なものを排出することで新陳代謝がよくなって、体内の状態も改善します。

以上、建林松鶴堂MRご紹介記事(壮快掲載情報)より引用

漢方薬専門 大山漢方堂薬局 特報!
漢方薬=九味半夏湯加減方(ヘンセキ):210包入り(70日分)¥14800(税込)
漢方薬=九味半夏湯加減方(ヘンセキ):420包入り(140日分)¥26000(税込)

注)ヘンセキを30日間服用しても、効果に満足できない場合は、
調合漢方薬(オーダーメイド)をお勧めします!!!
大山漢方堂薬局にお電話ください。


漢方薬、漢方健康相談のお問い合わせは、: 漢方を現代病に活かす! 大山漢方堂薬局へ 0283-22-1574(イゴ・不安・ナシ)


お問い合わせは、
漢方を現代病に活かす!漢方専門 大山漢方堂薬局
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)
まで、お気軽にお問い合わせください。

大山漢方堂薬局
漢方健康相談コーナーへ、クリック!





佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      

医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。


(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。



「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介


" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine



<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp