大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)
厳選生薬調合漢方薬
ご案内

       

大山漢方堂薬局 漢方薬(煎じ薬)=厳選生薬調合漢方薬は、1日分、350〜750円にて、調合致しております。
配合生薬の数、種類により、価格が変わりますので、お気軽にお問い合わせください。




「 漢方薬は、生薬を調合して、
煎じて飲むのが一番です !!! 」


大山漢方堂薬局 厳選 「漢方薬-自動煎じ器」 のご案内
栃本天海堂の「文火楽々(とろびらんらん)」  ウチダ和漢薬の「煎治(せんじ)」  日本生薬の「薬煎(やくせん)」


大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)
厳選生薬調合漢方薬
処方名



大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)
厳選生薬調合漢方薬
効能・効果



大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)

厳選生薬調合漢方薬
投薬目標と応用



大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


あんちゅうさん

安中散

やせ型で腹部筋肉が弛緩する傾向にあり、胃痛または腹痛があって、ときに胸やけ、げっぷ、食欲不振、はきけなどを伴う次の諸症:神経性胃炎、慢性胃炎、胃アトニー 目標:冷えや寒冷の飲食物などで発生する脾胃(おもに胃のこと)の虚寒と気鬱血滞による胃痛、腹痛というのが主目標である。
応用:慢性にくる心下部の持続性の軽痛あるいは鈍痛に、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃酸過多症、胃下垂症、慢性胃炎、幽門狭窄、胃の腫瘍、胃動脈硬化症、貧血、悪阻、ヒステリー、神経性胃痛など。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


いれいとう
胃苓湯

水瀉性の下痢、嘔吐があり、口渇、尿量減少を伴う次の諸症:食あたり、暑気あたり、冷え腹、急性胃腸炎、腹痛 目標:平ぜい水毒がある体質で、胃内停水があったり水ぶとりの人の食あたり、暑気あたりによる下痢に用いる。食物の消化が悪くてそのまま水様性の下痢をし、腹が張り、小便の出が悪く、腹が痛むものである。腹痛はあまり激しくなく、また痛まないこともある。
 本方は五苓散と平胃散の合方に芍薬を加味したもので、水分代謝のわるい人が大腸炎などを起こしたため水分の吸収を妨げられて多量の水と共に食べたものがそのまま排出されるものに用いる。
応用:食あたり、暑気あたり、冷え性、急性腸カタル、大腸カタルなど。
(1)急性胃腸炎-殊に大腸炎で腎臓機能障害を伴い、小便利せず、腹痛泄瀉を発し、俗にいう夏期の食あたりというものに多くこの症がある。時に軽度の血便・粘液便等を混じ、少し裏急後重を訴えるものには、黄連・木香・檳椰を加えて用いる。脈証は多くは沈んで力があり、腹証も相当抵抗があるものである。下は多くは白苔である。
(2)浮腫-食傷からくる急性胃炎や、下痢しやすいもの。
(3)夏期の神経痛、リウマチの類。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


いんちんこうとう

茵陳蒿湯

口渇があり、尿量少なく、便秘するものの次の諸症:じんましん、口内炎 目標:裏に鬱熱があって煩悶し、或いは黄疸を発するのが主目標で、次のような諸徴候を参考とする。腹部ことに上腹部が徴満し、心下部より胸部、心臓部にかけて、苦悶や不快を訴え、胸がふさがったように感じ、口渇・便秘・腹満・小便不利・頭汗・頭眩・発黄などがある。黄疸がなくても裏に鬱熱があれば用いてよい。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


いんちんごれいさん

茵陳五苓散

 
のどが渇いて、尿が少ないものの次の諸症:嘔吐、じんましん、二日酔いのむかつき、むくみ 目標:五苓散の証で黄疸のあるもの。茵陳蒿湯は、口渇、利尿減少、便秘、腹満などがあるものを目標に用いる。本方では、口渇、利尿減少はあっても便秘を訴えることはない。
応用:のどが渇いて、尿がすくないものの次の諸症:嘔吐、じんましん、二日酔のむかつき、むくみ。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


うんけいとう

温経湯


 
手足がほてり、唇が渇くものの次の諸症:月経不順、月経困難、こしけ、更年期障害、不眠、神経症、湿疹、足腰の冷え、しもやけ 目標:少陰病に属し、陰虚証のもので、婦人雑病篇に揚げられている。気血の虚より起こる、手掌の煩熱口唇の乾燥、下腹部の膨満感または不快感があり、その他月経不順、不妊、帯下、不定期出血、子宮出血、腰部の冷え、腹痛、下痢、のぼせ、嘔気、咳嗽等の症候のいずれかを参考目標とする。脈も腹も力のない者が多い。腹中に腫塊がないことが条件である。
応用:気血虚して(元気が衰え、貧血している)、寒冷を帯びる諸婦人病に用いる。すいわち、本方は主として月経不順、帯下、子宮出血、不定期出血、血の道症、更年期障害(のぼせて足冷えするもの)、子宮発育不全、不妊症、流産癖、神経症、凍瘡、乾癬、手掌角皮症、手掌煩熱し、あるいは乾燥するものなどに多く用いられる。その他下痢、月経時に下痢するもの、上顎洞化膿症、虫垂炎等にも応用されることがある。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


うんせいいん
温清飲

 
皮膚の色つやが悪く、のぼせるものの次の諸症:月経不順、月経困難、血の道症、更年期障害、神経症 目標:患部が乾燥して赤味を帯び、灼熱感があり、かゆみがひどく、ひっかくと粉がこぼれるようなものの、湿疹や皮膚炎、出血症。
応用:本方は諸出血(子宮出血、血尿、衂血)皮膚そう痒症、皮膚炎、湿疹、蕁麻疹、面疱、肝斑、黒皮症、ベーチェット症候群、神経症、高血圧、肝障害、アレルギー体質改善などに応用される。
 本方を皮膚疾患に用いるときは連翹・荊芥を加え、体質改善に用いるときは柴胡、甘草を加えるがよいという。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


うんたんとう
温胆湯

胃腸衰弱者の不眠・神経症 目標:主治に病後虚煩とあるがやや虚証体質のものか、または病後の疲れがまだとれないというもの、あるいは胃下垂症などに併発している不眠症、神経症などを目標とする。脉もやや虚状で、腹部緊張が少なく、心下痞を訴え、胃内停水を認めることが多い。
応用:弛緩性の体質で、胃下垂症や胃アトニー症のある虚証の不眠症に用いる。胃症状の好転とともに不眠症もよくなるものである。本方は主として不眠症に用いるが、またそれに随伴して起こる驚悸症、心悸亢進症、気うつ症、胃腸障害等に応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


おうぎけんちゅうとう
黄耆建中湯

身体虚弱で疲労しやすいものの次の諸症:虚弱体質、病後の衰弱、ねあせ 目標:小建中湯の証で、体力が一段と衰え、盗汗(ね汗)、自汗(自然に出る汗)があり、あるいは腹痛の激しいもの、また元気が衰えて疲れやすく、裏急(腹中および腹筋の拘攣)するもの、身体を動かすと息切れや喘鳴し、腰背や胸部の痛むものなどを目的とする。
応用:虚弱児、大病後の衰弱、痔瘻および諸種の痔疾患、慢性中耳炎、カリエス、流注膿瘍、慢性潰瘍、その他の化膿性腫物など。
小建中湯よりも表裏の虚のいちじるしてもの。諸種の貧血、大病後の衰弱。漏孔、痔瘻、潰瘍、中耳炎、蓄膿症、カリエス、流注膿瘍などで、虚症で分泌物が薄く多量のもの。風邪を引きやすく咳の止まらぬもの。結核性腹膜炎で腹満腹痛するもの。暑気にあたり手足だるく息切れ口渇するものなど。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


おうごんとう
黄今湯

さむけ、発熱、腹痛、みぞおちのつかえなどのいずれかを伴う次の諸症:下痢、胃腸カタル 目標:下痢して食欲不振、心下の痞え、腹痛、裏急後重があり、一面、頭痛、発熱等の表証あるものに用いる。
 便は泥状便又は粘液便のことが多い。
応用:主として急性腸炎、大腸炎、消化不良症、また感冒で発熱、下痢、腹痛があり、粘液便あるいは血便を下して、裏急後重を訴えるものに用いる。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


おうしょうさん

応鐘散

便秘、便秘に伴うのぼせ・肩こり 目標:便秘とそれからくるのぼせ、肩凝りなどを伴う顔面や頭部の疾患が目標である。
応用:顔面や頭部疾患の病毒を下すために兼用あるいは加味される。ことに麦粒腫(俗称:モノモライ)などすべての眼疾患によく兼用される。
 急性・慢性涙

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


おうれんあきょうとう
黄連阿膠湯

冷え症でのぼせ気味で不眠の傾向がある次の諸症:鼻血、不眠症、かさかさした皮膚のかゆみ 目標:血煩により心中煩して眠ることを得ず、不眠・ 躁・顔面紅潮・興奮・心悸亢進・頭重・のぼせ・胸苦しく熱感等を訴え、虚候を帯びて瀉心湯で下しがたいものを目標とする。
 傷寒論には少陰病篤にあるが、少陰病に似たもので、実際には瀉心湯の虚したものである。
応用:肺炎、チフス、麻疹、猩紅熱、丹毒、脳出血、脳膜炎などで高熱、煩躁、不眠、譫妄、胸中熱感を訴え、虚候を帯びて瀉心湯で下し難いもの。
 ヒステリー、ノイローゼ、高血圧症、精神分裂症、狂躁症などで不眠、煩躁、興奮、動悸、頭重、のぼせ、耳鳴り、肩こり、胸苦、熱感などを訴え、虚候を帯びて瀉心湯では下しがたいもの。鼻血、吐血、喀血、眼出血、血尿、子宮出血、膀胱炎、尿道炎などで、心煩を伴い下しがたいもの。
 大腸炎、赤痢、直腸潰瘍などで下痢し心煩または便に膿血がまじるもの。小便淋瀝し、小便熱湯の如くあつく感じるもの。皮膚掻痒症、乾癬、皮膚病などで夜も眠れぬほどに猛烈に痒く、患部が赤く乾燥気味のものなど。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


おうれんげどくとう

黄連解毒湯

 
比較的体力があり、のぼせ気味で顔色赤く、いらいらする傾向のある次の諸症:鼻出血、不眠症、ノイローゼ、胃炎、二日酔い、血の道症、めまい、どうき 目標:三焦(上中下の三焦)の実熱によって起こる炎症と充血をともなった諸症を治すのが目標である。小柴胡湯類の半表半裏の熱でもない一種の遷延熱を解する。
 一般難病のうち炎症と充血のため顔赤く上衝し、不安焦燥、心悸亢進の気味があり、出血の傾向を有するものを参考として用いる。
 不眠症のときは頭がさえて眠れない、気分が落ち着かずつまらないことが気にかかる、いらいらする、のぼせるというようなことを目標とし、高血圧症や更年期障害のときの不眠にこの症がある。
応用:実熱を治する処方で、熱性病の急性期、実熱症の慢性化した難病にも用いられる。本方は主として、吐血、喀血、衂血、下血、血尿、麻疹、痘瘡、皮膚病、皮膚掻痒症、蕁麻疹、諸熱性病の残余余熱に用いられ、また狂躁症(喜笑やまざる症)血の道症、めまい、心悸亢進症、ノイローゼ、精神病、脳○血、高血圧症、酒○鼻、黒皮症等に広く応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


おうれんとう

黄連湯

 
胃部の停滞感や重圧感、食欲不振のあるものの次の諸症:急性胃炎、二日酔い、口内炎 目標:腹痛があって、悪心、嘔吐のおこるものである。このとき胃部の停滞感や重苦しい感じ、食欲不振、口臭、舌苔などがある。また心悸亢進がおこって胸ぐるしく、上衝してつき上がる感じがある。便通は、便秘のことも下痢することもある。腹部では、みぞおちに抵抗があり、上腹部に圧痛をみとめることがある。
応用:主として急性胃炎、急性腸炎による腹痛、嘔吐、下痢、感冒または他の熱性病にともなう胃炎症状、過酸性の腹痛、胆石症、蛔虫症、急性虫垂炎の初期、婦人血の道の腹痛、嘔吐、二日酔、その他嘔吐腹痛はなくとも上方胸部の熱と中部胃の寒による口内炎、口角炎、神経症、また火を見ておこる癲癇、歯痛、皮膚病にも使われる。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


おつじとう
乙字湯

 
大便がかたくて便秘の傾向にあるものの次の諸症:痔核(いぼ痔)、きれ痔、便秘 目標:諸痔疾患に用い、虚実に偏しない一般的な症状を目標とする。
応用:諸痔疾、とくに痔核の疼痛、痔出血、肛門裂傷などによく用いられ、又脱肛初期軽症のものに用いられる。又婦人の陰部掻痒症にも転用され、また皮膚病を治療して内攻の結果、神経症になったものに用いてよい事もあるという。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


かっこうしょうきさん
活香正気散

夏の感冒、暑さによる食欲不振・下利・全身倦怠 目標:内傷と外傷とを兼ねたのが目的で外は夏期の風寒(冷房、扇風機なども含めて)に傷められ、内は生冷の飲食によって傷害され、食毒、水毒などのため頭痛、発熱、心下痞え、嘔吐、下痢、心腹疼痛を発し汗なく、脈腹ともに力のあるものを目標とする。
応用:あまり虚証でない体質者の中暑、または夏季の胃腸カタルなどに用いる。即ち本方は主として夏の感冒、所期たり、吐き下し、暑さ負け、急性胃腸炎、夏の下痢症などに用いられ、また婦人の産前産後の神経性腹痛、小児の食滞による咳嗽、眼疾、歯痛、咽痛に用いられ疣にはよく苡仁を大量に加えて応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


かっこんおうごん
おうれんとう

葛根黄今黄連湯

急性胃腸炎、口内炎、舌炎、肩こり、不眠 目標:本方は三黄瀉心湯の大黄の代わりに葛根と甘草を入れた方であるから、三黄瀉心湯証に似ていてて、表不和があり、裏実の候のないのに用いる。
 表不和に裏の熱が加わり、心下が痞えて下痢し、喘して汗が出、或いは項背がこわばり、心悸を訴えるなどの症状のあるのに用いる。
応用:本方は臨床上では、軽い表熱症状があり、裏熱、心下痞して下痢、喘して汗出を目標にする。かかる症状にあるなら、この内の症状が若干不揃いであっても差し支えなく、又下痢、或いは喘、或いは心下痞を主訴とする場合にも使うことができるのである。
 (出典の条文によって)急性胃腸炎、疫痢、胃腸型の流感などに用いるばかりでなく、肩こり、高血圧症、口内炎、舌炎、不眠などにも用いる。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


かっこんこうかとう
葛根紅花湯

あかはな、しみ 目標:頭部、顔面の充血、血管神経異常などにより発生したものを目標とする。
応用:中年以降の酒○鼻(あかはな)の薬である。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


かっこんとう

葛根湯

感冒、鼻かぜ、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛み 目標:体力が充実して自然発汗のないもので、項背部のこり、悪寒、発熱、頭痛などがあり、咳嗽、下痢、化膿症による身体痛などを伴うものを目標とする。
応用:陽実証の体質のものが感冒その他の熱性病にかかり、いわゆる太陽病を発して、悪寒、発熱、項部および肩背部に炎症充血症状が起こって、緊張感があり、脈は浮かんで力がある。結腸炎、赤痢等の初期で悪寒,発熱して脈浮の時にも用いられる。また項背部の緊張を緩解することから、眼・鼻・耳の炎症、すなわち結膜炎、角膜炎、中耳炎、蓄膿症、鼻炎などに応用される。
 その他、肩こり、肩胛部の神経痛、リュウマチ、五十肩、化膿性炎症(加石膏、桔梗)の初期、湿疹、蕁麻疹、種痘後の発熱、歯痛、歯齦腫痛には石膏を加える。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


かっこんとう
かせんきゅうしんい

葛根湯加川辛夷

鼻づまり、蓄膿症、慢性鼻炎 目標:葛根湯証で鼻閉、頭痛、頭部圧迫感が著しいものに本方が適応する。慢性副鼻腔炎で、記憶力思考力減退、臭覚欠如、膿様の鼻汁などに有効である。
応用:鼻づまり、蓄膿症、慢性鼻炎

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


かみうんたんとう

加味温胆湯

胃腸が虚弱なものの次の諸症:神経症、不眠症 応用:弛緩性の体質で、胃下垂症や胃アトニー症のある虚証の不眠症に用いる。(温胆湯の応用)
 本方は、不眠を治す効果がとくにすぐれている。
 またこれに、更に黄連2.0gを加えてよいことがある。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


かみきひとう

加味帰脾湯

虚弱体質で血色の悪い人の次の諸症:貧血、不眠症、精神不安、神経症 目標:心と脾の虚で、貧血・心悸亢進・健忘・不眠症・諸出血などを主目標とする。患者は、顔面蒼白、脈腹ともに軟弱で、元気衰え、疲労感を訴え、多かれ少なかれ神経症状をともなっている。炎症や充血などのない場合である。
応用:虚弱体質で血色の悪い人の次の諸症:貧血、不眠症、精神不安、神経症。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


かみしょうようさん

加味逍遙散

 
体質虚弱な婦人で、肩がこり、疲れやすく、精神不安などの精神神経症状、ときに便秘の傾向のある次の諸症:冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症 目標:胡柴胡湯証の虚状のもので、神経質、疲れやすい、貧血症で、四肢だるく、頭重、めまい、不眠、のぼせ、微熱または時には灼熱感を伴う生理異常があるなどを目標とする。
応用:本方は主として更年期障害(血の道症)、月経不順、流産や中絶および卵管結紮後に起こる諸神経症状に用いられ、また不妊症、結核初期症候、尿道炎、膀胱炎、帯下、産後、口内炎、湿疹、手掌角皮症、肝硬変症、慢性肝炎、癇癪もち、便秘症等に適応される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


かみしょうようさん
ごうしもつとう

加味逍遙散合四物湯

皮膚が枯燥し、色つやの悪い体質虚弱な婦人で胃腸障害はなく、肩がこり、疲れやすく精神不安などの精神神経症状ときに便秘の傾向のある次の諸症:冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症、湿疹、しみ 目標:本方は少陽病の虚証で、病は肝にあるといわれている。即ち小柴胡湯の証で虚証で、胸脇苦満の症状は軽く、疲労し易く種々の神経症状を伴う。婦人の諸疾患で血に関係症状がある。逍遥性熱感、逆上感。
応用:月経異常、頑固な婦人の皮膚病、湿疹。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


かんきょうにんじん
はんげがん

乾姜人参半夏丸

体力が衰え嘔気、嘔吐のやまない次の諸症:つわり、胃炎、胃アトニー 目標:消化機能が衰えて、みぞおちが硬く痞え吐き気嘔気がやまないもの。
応用:妊娠悪阻、胃カタル、胃酸減少症、胃アトニー症など。
 時期を経過し、やや重症に陥り、悪心、嘔吐が長く続き、全身衰弱の徴候が現われ、腹部は軟弱で、脈も細く弱く、飲食する時は忽ち吐き出し、食事も服薬もできないというものによい。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


かんぞうしゃしんとう
甘草瀉心湯

みぞおちがつかえた感じのある次の諸症:胃・腸炎、口内炎、口臭、不眠症、神経症 目標:半夏瀉心湯の証(半夏瀉心湯の項参照)で腹中雷鳴して不消化下痢を起こし、あるいは下痢はないが、心煩して、気分がすぐれず不安を覚えるもの。
応用:胃腸炎、口内炎、産後口中糜爛、下痢、神経衰弱、不眠症、ノイローゼ、夢遊病等に応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


かんぞうとう

甘草湯

激しい咳、咽喉痛の緩解 目的:急迫を緩解する、炎症は軽く、発赤腫張等が少なく、急迫的疼痛、痙攣性疼痛のはげしいもの程よい。少陰病で喉痛が二三日間続いている者、胃痙攣の時は腹筋緊張して板の如く、ひどい痛みによい。咽喉、食道、胃、腸、肛門、皮膚、粘膜等の急迫性疼痛によく効く。
応用:すべての気逆(精神の興奮)による急迫症状を緩和する。胃痙攣にしばしぱ使われ、炎症や腫張の症状が軽く咽痛の激しいもの、痙攣性に咳嗽の頻発するものに内服す。また痔核、脱肛等で急迫し、疼痛の甚だしい場合や、また陰部の腫痛あるいは疼痛の甚だしいものなどに外用温湿布として用いる。
 病名としては急性咽頭炎、胃痙攣、痙攣性咳嗽、歯痛,窒息、尿閉、排尿痛、嗄声、薬物その他、牛肉、馬肉、菌類等の中毒等に内服し、刺痛(とげを刺した時の痛みに粉にしてつける)、魚骨をノドに刺した時に少量づつ服用、痔核、脱肛の疼痛(温湿布)に外用。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


かんばくたいそうとう
甘麦大棗湯

夜なき、ひきつけ 目標:神経の興奮のはなはだしいもの。急迫性の痙攣症状のあるもの。
応用:ヒステリー、神経衰弱、ノイローゼ、幼児の夜啼症、不眠症。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ききょうとう
桔梗湯

咽喉がはれて痛む次の諸症:扁桃炎、扁桃周囲炎 目標:咽喉の腫痛に用いる。痛みは相当に強く、甘草湯では治りがたいほどで、化膿の傾向があるとき。咳がでて、胸が張って苦しく、膿様の喀痰を久しい間喀出しているもの。
応用:咽頭炎、喉頭炎、扁桃炎、肺壊疸、肺膿瘍、気管支炎など。扁桃炎、腺窩性扁桃炎、咽頭炎などで咽痛し、発熱しても他の表証がないもの。肺壊疽、肺膿瘍、腐敗性気管支炎などで咳嗽、膿性喀痰があるものなど。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


きぎけんちゅうとう

帰耆建中湯

身体虚弱で、疲労しやすいものの次の諸症:虚弱体質、病後の衰弱、ねあせ 目標:前進の疲労状態、精力の虚乏である。腹痛、心悸亢進、衂血、盗汗、手足煩熱、四肢倦怠、夢精、口内乾燥、小便頻数等あり。表裏ともに虚している。
 肉芽悪く分泌薄く治りにくい化膿症。
応用:虚弱体質の改善薬で小建中湯に準じて活用し、脾胃の虚弱、婦人科疾患、滋養強壮、補血、産後の衰弱等に利用す。小建中湯の気血ともに一層弱ったものに応用する。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


きひとう

帰脾湯

虚弱体質で血色の悪い人の次の諸症:貧血、不眠症 目標:心と脾の虚で、貧血・心悸亢進・健忘・不眠症・諸出血等を主目標とする。患者は顔色蒼白、脈腹ともに軟弱で、元気衰え、疲労感を訴え、多かれ少なかれ神経症状をともなっている。炎症や充血などのない場合である。
応用:各種の出血による貧血と衰弱、健忘症、不眠症、神経衰弱、うつ病、白血病、食欲不振、月経異常など。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


きゅうききょうがいとう
弓帰膠艾湯

痔出血 目標:虚証の諸種の出血に用う。炎症性の出血には用いてはならない。
応用:腸出血、吐血、血尿、抜歯後の出血、妊娠時の出血、或いは、月経過多、体内の出血にも用いる。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


きゅうきちょうけついん

弓帰調血飲


産後の神経症・体力低下、月経不順 目標:脉腹ともに軟弱でしかも悪露停滞を認めるもの。産前や妊娠の疑いがある時には使わない。
応用:貧血を補い、悪露悪血を去り、脾胃を増し、産後の諸症に応用される。産後の調理、産褥熱の軽症、産後の頭痛、耳鳴、動悸、眩暈、上衡等を訴えるもの、血の道、乳汁不足、血脚気、月経不順。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


きゅうきちょうけついん
だいいちかげん
弓帰調血飲第一加減

血の道症、産後の体力低下、月経不順 目標:本方は貧血を補し、産後の悪露お血を去り、脾胃消化器の活力をつけ、血の道特有の神経症状に用いる。妊娠中は使わない。
応用:産後の調理、産後の神経症、血の道症、乳汁不足、血脚気、月経不順、手足のしびれ、ヒステリー、産後の腰痛、頭痛、食思不振、産褥下肢血栓症、更年期障害、子宮筋腫。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


きょうせいはてきがん
響声破笛丸

しわがれ声、咽喉不快 目標:声を出しすぎて、かすれ声になったり、ほとんど声にならなくなったときに、咽喉を常にしめらせるようにして服用する。
また、平素のどが弱くて、すぐ声の枯れる傾向のあるものが用いても効果がある。
応用:嗄声の特効薬として応用される。また、咽喉不快にも効果がある。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


きょうそさん
杏蘇散

せき、たん 目標:ぜんそく性咳、痰を目標とす。気と水が上衝して喘咳となり、顔面浮腫を呈する症状に用いる。
応用:たん、せき。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


くじんとう
苦参湯

たむし、ただれ、あせも、かゆみ 目標:かゆみのある皮膚病、または炎症性のはれものを目標とし、洗浄剤、湿布剤として外用する。
応用:陰部のただれ、潰瘍、湿疹、水虫、皮膚掻痒症、あせものかゆみ止めおよび治療などの時に煎汁で洗うとよい。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


けいがいれんぎょうとう
荊芥連翹湯

蓄膿症、慢性鼻炎、慢性扁桃炎、にきび 目標:幼年期の柴胡清肺散症が、青年期に達すると荊芥連翹湯証となる。皮膚の色は概してドス黒く、暗褐色を呈することが多い。脈は緊で、腹は直腹筋が全体に緊張して、肝経と胃経に相当して、腹筋の拘攣を認めることが多い。
応用:主として青年期腺病体質の改善、急慢性中耳炎、急慢性上顎洞化膿症、肥厚性鼻炎等に用いられ、また扁桃炎、衂血、肺浸潤、面疱、肺結核(増殖型のもの)、神経衰弱、禿髪症等に応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


けいしとう

桂枝湯

体力が衰えたときのかぜの初期 目標:外感に用いる場合は悪寒、悪風、発熱、頭痛、自汗、身体痛を目標とする。無熱の雑病に用いる時は、悪風や悪寒はない、自汗とあるが汗がなくても、平素汗かき又は手掌の潤っているような虚証の者に使用できる。
応用:本方は体力の衰えた時の風邪の初期に用いられる。又本方は衆方の祖といわれるように加減方がたくさんあり、後述の桂枝加黄耆湯、桂枝加葛根湯、桂枝加竜骨牡蛎湯の外、上衝(のぼせ)が劇しければ桂枝加桂湯、身体疼痛があれば桂枝加附子湯、桂枝附子湯、腹痛、腹満が主となれば桂枝加芍薬湯、小建中湯と加味方の応用範囲は広い。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


けいしかおうぎとう
桂枝加黄耆湯

体力が衰えているものの、寝汗・汗も 目標:桂枝湯の証で、桂枝湯証より一層表虚の状態で、皮膚に水分が多く、盗汗、しびれ感などあるものに用いる。
応用:原典には黄汗を治すというが、原典の適応証が難解で、臨床的に応用することが容易でないので一般に処方の内容、薬能に従って運用されている。
虚弱児の感冒、盗汗、多汗症。又は湿疹、皮膚炎などで分泌液が多いもの、潰瘍、痔漏等で肉芽の発生が悪いもの。上半身に汗が多く、知覚異常を訴えるもの等に応用される。
荒木性次氏の「身体或いは熱あり、或いは熱なく、じめじめと汗出で、或いはねあせ出て身体重く気分勝れず小便少なく或いは諸所に腫物を生じ癒ゆれば復た出来、繰り返して出来て治り難きものに宣し、黄疸にて汗少しく出て、諸々の治黄剤にて治り難く、若し脉浮弱なれば本方の真正面の証としてよかるべし。」は非常に参考になる。
なお本方は桂枝湯が基本となっているので、裏の症状のない点も大切である。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


けいしかかっこんとう
桂枝加葛根湯

身体虚弱のもののかぜの初期で、肩こりや頭痛のあるもの 目標:虚弱体質又は平素汗をかき易い体質で、頭痛、発熱、悪寒等の表証があり、首筋やうなじの強ばる者を目標とする。
応用:風邪などの初期で、うなじ、肩こり、頭痛、発熱、悪寒などがあり、自然に汗ばむ者、汗はなくても平素汗かきの虚証タイプの患者に、また神経症、腰痛、リウマチ等にも用いる機会がある。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


けいしかこうぼく
きょうにんとう

桂枝加厚朴杏仁湯

身体虚弱なもののせき 目標:風邪にて発熱し、汗少し出て悪寒あり、頭痛もあり、ぜえぜえと喘して息早き者、或いは胸などの張る者、本方は喘息持ちが風邪を引いたときに宜い。
応用:虚証の感冒に伴う喘息、桂枝湯証で呼吸困難の軽症、胸部逼迫状のもの。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


けいしかしゃくやく
しょうきょうにんじんとう
桂枝加芍薬生姜人参湯

みぞおちのつかえ、腹痛、手足の痛み 目標:汗を発して表の陽を亡ひ表和せず栄衛の気通せざるにより、皮肉が潤いを失い身しぶり痛むというもの。
応用:神経痛、筋肉痛、筋肉リウマチなどの身体疼痛、四肢のひきつりがあるもの。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


けいしかしゃくやく
だいおうとう

桂枝加芍薬大黄湯

腹がはって、腹部膨満感、腹痛があり、便秘するものの次の諸症:便秘、しぶり腹 目標:症状が浅在することはない。必ず抵抗圧痛が認められる。抵抗は深部にあって相当堅い。一種の弾力性に近い。
桂枝湯の証でさらに腹筋が拘攣して腹痛腹満感のあるもの。又便秘するもので左腹部に索状と硬結を触れ圧痛がある。太陰脾虚とす。
応用:急性腸炎、大腸炎で下痢腹痛、或いは裏急後重するもの。便秘で平素胃腸の弱いもの。急性慢性虫垂炎、移動性盲腸等で腹満腹痛、患部の抵抗強く便秘するもの。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


けいしかしゃくやくとう
桂枝加芍薬湯

腹痛や腹部膨満感のあるもの 急性慢性腸炎、腹痛 目標:腹満、腹痛(継続的)、右側直腹筋の緊張、下痢(しぶり腹)などを目標とする。
応用:本方は急性、慢性の腸カタル、同大腸カタル、腹痛(ただし原因不明のものが多い)、急性慢性虫垂炎、結核性腹膜炎(ことに硬結性のもの)、移動性盲腸、誤下後の腹満等に頗る多く使っている。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


けいしかしゅつぶとう
桂枝加朮附湯

関節痛、神経痛 目標:本方は桂枝加附子湯に朮を加えたものであるから桂枝加附子湯の目標を学ぶ必要がある。
桂枝湯の証で発汗過度のため、汗が止まらなくなり、悪寒し、脱力感がひどく、尿利も快通せず、手足の屈伸がぎこちない者を治す。
この方を用いる目標は、この章に示された発汗止まずを、もっと拡大して、体液の減少または栄養の不足などに置きかえ、悪風を冷え症に置きかえ、小便難を小便不利または利尿減少に置きかえ、四肢微急難以屈伸を四肢の運動麻痺、または知覚麻痺、または疼痛に置きかえてみると、この方の応用範囲は広くなる。桂枝加附子湯に朮を加えて、桂枝加朮附湯にしたり、さらに茯苓を加えて、桂枝加苓朮附湯にしたりして、神経痛、リウマチ、脳出血による半身不随などに用いる。
応用:神経痛、関節炎、リウマチ、脳出血後の半身不随等で患側が冷えるもの、または冷えると悪化する者に応用する。急性、慢性でもよい。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


けいしかりゅうこつ
ぼれいとう
桂枝加竜骨牡蛎湯

体質虚弱な人で疲れやすく、興奮しやすいものの次の諸症:神経質、不眠症、小児夜泣き、小児夜尿症、眼精疲労 目標:虚弱体質で、興奮し易く、疲れ易いものに用いる。下腹部の緊張、臍部で動悸が亢進していることが多い。時に、頭髪が抜け易く、ふけが多く、のぼせ易い傾向も参考目標となる。
応用:神経症、不眠症、性的神経衰弱、インポテンツ、小児夜泣き、小児痙攣、脱毛症など。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


けいしにんじんとう

桂枝人参湯

胃腸の弱い人の次の諸症:頭痛、どうき、慢性胃腸炎、胃アトニー 目標:頭痛、発熱、汗が出る、悪寒などの表熱の症状があって、みぞおちが硬く、下痢のあるもの。冷え性で下痢しやすく虚証の人に用いる。
頭痛薬を常用するものでのぼせ感を伴うものに用いてよく奏効することがある。
応用:主として感冒や流行性感冒で、発熱、脈浮弱、頭痛、悪寒などの表証があり、平素冷え症で軟便、下痢(裏寒)のあるもの、また急性腸炎、大腸炎に用いることが多く、偏頭痛、常習性頭痛、小児急癇等に用いた報告がある。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


けいしぶくりょうがん
桂枝茯苓丸

のぼせ症で、血色よく、頭痛、肩こり、めまい、下腹部痛、足腰の冷えあるいはうっ血などを伴うもの 月経不順、月経困難症、打撲症、婦人更年期障害 目標:お血によりのぼせて、めまいがしたり、脚が冷えたり、下腹痛、肩こり、頭痛、生理不順などを訴えるものを目標とする。
本方証であることを確かめるためには腹診によりお血塊の存在を確認することが決め手になるが、その代用として中神琴渓の説に従って、委中(膝関節の裏側の一番凹んだ処)に出てくる糸みみずのような血管の存在と、症状が夜間に劇しくなる点より、一応お血の存在を推定することができる。
応用:下腹部にお血があって、気の動揺、神経症状のあるものに用いる。これを分類してみると次のような諸疾患に広く応用される。
(1)婦人科的疾患。子宮内膜炎、卵巣炎、卵管炎、月経不順、月経困難、月経過多症、月経閉止、代償月経、帯下、子宮筋腫、不妊症、流産癖、更年期障害、広義のいわゆる血の道症等。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


けいしぶくりょうがん
かよくいにん

桂枝茯苓丸加意苡仁

比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴えるものの次の諸症:月経不順、血の道症、にきび、しみ、手足のあれ 目標:桂枝茯苓丸の証に意苡仁の効能である排膿、利尿、鎮痛を応用し、しみ、にきび、手掌角皮症を目標とす。
応用:しみ、にきび、手掌角皮症。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


けいひとう

啓脾湯

やせて顔色が悪く、食欲がなく、下痢の傾向があるものの次の諸症:胃腸虚弱、慢性胃腸炎、消化不良、下痢 目標:虚証で貧血症、脉腹ともに軟弱無力となり、食欲不振、水瀉性下痢が長く続いて、ときどき腹痛や嘔吐の気味のあるもの。
応用:虚証でいわゆる睥胃虚弱の水様性下痢症、小児の消化不良症によく用いられる。本方は主として小児の消化不良症、大人でも慢性胃腸炎や腸結核に応用され、また病後の胃腸の強化剤として使われる。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


けいぼうはいどくさん
荊防敗毒散

急性化膿性皮膚疾患の初期 目標:急性の化膿性腫物の初期から最盛期にかけて熱の高い場合を目標とする。即ち諸種の化膿性の腫物によって、発熱、悪寒、頭痛、拘急(ひきつれ)、発赤腫脹疼痛などがおきて、傷寒(熱病)に似た病状を呈するものに用いる。
応用:急性化膿性皮膚疾患の初期に応用される。
癰疽、乳腺炎、乳癌、頭瘡、蕁麻疹、疥癬、上顎洞化膿症、湿疹、アレルギー性体質。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


けいまかくはんとう
桂麻各半湯

感冒、せき、かゆみ 目標:表証があって、患者の体力があまり強くなく、脈の緊張も弱く、かつ喘咳がでるもの。表証は、頭痛、悪寒、発熱があり、脈が浮いているものである。また、汗が出ないで皮膚の痒いものによい。
応用:感冒、流感等で軽咳、微熱、頭痛、悪寒、汗出でざるもの、或いはこじれた感冒で表証がまだ残っているもの、じんま疹、皮膚炎等で痒く顔に赤味をさしているもの。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


けいめいさんかぶくりょう
鶏鳴散加茯苓

下肢に倦怠感があり、知覚がにぶり、ふくらはぎの緊張を覚え、圧痛があり心悸亢進、下肢浮腫の脚気よう症状を呈するもの 目標:実証の脚気に用いる。胸満気急、気上衝を目標とする。即ち胸が苦しく、呼吸が困難で心動悸、気の上衝があり、浮腫、腓脹筋握痛などあるものを目標とする。下肢に倦怠感があり、知覚がにぶり、ふくらはぎに緊張を覚え圧痛があり、心悸亢進、下肢浮腫の脚気様病状を呈するもの。
応用:萎縮性脚気を除く、初期脚気、浮腫性脚気、衝心脚気、神経性脚気、腎炎、浮腫などに応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


けんちゅうとう

堅中湯

身体虚弱なものの次の諸症:慢性胃炎、腹痛 目標:虚証で、慢性に経過して、腹壁薄く緊張し、腹力なく、胃内停水があって、食後腹痛、呑酸、 囃、嘔気、嘔吐を発するもの。
応用:身体虚弱なものの次の諸症。慢性胃炎、腹痛、胃拡張、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃痛、嘔吐を訴えるものには、呉茱萸、牡蛎を加えるとなお良い。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


こうじとう
甲字湯

比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴える次の諸症:月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、血の道症、肩こり、めまい、頭重、打ち身(打撲症)、しもやけ、しみ 目標:比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせ、足冷などをを訴えるを目標とする。
応用:原南陽は、この方を腸癰(虫垂炎)の常用剤としている。月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、血の道症、肩こり、めまい、頭重、打ち身(打撲傷)しもやけ、しみに用いる。また 血が原因で起こす、リウマチ、神経痛に用いる。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


こうしゃへいいさん

香砂平胃散

胃がもたれる傾向のある次の諸症:食欲不振、胃アトニー 目標:平胃散の証「胃の消化わるく、宿食、停水が停滞して、心下部が痞えて膨満感があり、食後腹鳴がおこって、時に下痢するもの・・・・・・あまり虚証ではなく、脉、腹ともそれほど軟弱ではない。」で、「胃に刺激を与えて、機能の亢進をはかる目的で」本方を用いる。また万病回春によれば食欲の異常亢進が目標とされている。
応用:急性胃炎、慢性胃炎、消化不良、喘息、貧血症、胃腸虚弱症など(平胃散の応用)で消化力の促進と食欲の調節に用いられる。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


こうしゃよういとう

香砂養胃湯

胃弱、胃アトニー、慢性胃腸炎 目標:慢性胃腸虚弱者が、食欲不振を主訴とする場合、一方に於て胃腸の元気を補いながら、一方に於て停滞している水毒及び食毒を排除、消化し、それによって胃腸の機能を振興させることにより、食欲を進ませることを目標とする。補と瀉を兼ね、脈も腹状も僅かに軟弱なものに用いる。
応用:胃腸虚弱、虚冷あるものの食欲不振に応用する。慢性胃弱、胃アトニー、胃拡張、慢性胃腸炎などに用いる。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


こうしゃりっくんしとう
香砂六君子湯

胃腸の弱いもので、食欲がなく、みぞおちがつかえ疲れやすく、貧血性で手足が冷えやすいものの次の諸症:胃炎、胃アトニー、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐 目標:(1)胃腸の弱いもので食欲がなく、みぞおちがつかえ疲れ易く、貧血で手足が冷える。(2)六君子湯の適応症に似て、慢性になった軽い腹痛のあるものや、気分重く憂うつで、不安感があり、頭重、疲労性亢進、倦怠感などの神経症状を訴えるもの。
応用:胃炎、胃アトニー、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


こうそさん

香蘇散

胃腸虚弱で神経質の人の風邪の初期 目標:気のうつ滞から食の停滞を兼ねた感冒、胃のぐあいがわるく、桂枝湯や葛根湯が胸に痞えるかぜひき、その他気うつ、食うつによる諸症に用いられる。脈は多くは沈で、心下痞え、肩こり・頭痛・眩暈・耳鳴り・嘔気などあって、気ふさぐものを目標とする。
応用:胃腸虚弱な人のかぜ、発熱の初期。平素虚弱で神経痛、気分が憂うつで胃が弱く、食欲不振、精神不安、頭痛のあるもの。魚肉中毒による発疹。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


こうぼくしょうきょうはんげ
にんじんかんぞうとう

厚朴生姜半夏人参甘草湯

胃腸カタル 目標:胸腹膨満感・心下痞満・嘔吐するものを目標とする。これは虚満であって実満ではなく、熱候なく、食欲衰え、脈は弦で遅く、腹部にガスと水の停留を認める。胃の運動や胃液の分泌が極度に低下し、腹中にガスと水が停滞して、みぞおちや、腹が張って食物がとれず、食べれば嘔吐し、大便も通じないもの。発汗のあと、あるいは下痢のあと、内が虚し、胃の気和せず、腹内気と水とが留滞し腹部虚満、脹満を表したものに用いる。
応用:胃腸カタル、胃下垂症、胃拡張。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ごことう
五虎湯

せき、気管支ぜんそく 目標:咽喉不利、咽塞して痰の喀出困難、喘鳴甚し。小児喘息、気管支喘息、気管支炎のような笛声、喘鳴あるもの。感冒咳嗽にもよし。
応用:気管支喘息、気管支炎、小児喘息、喘鳴のはげしいもの。麻杏甘石湯に桑白皮を加えたもので、麻黄湯の桂枝のかわりに石膏を入れたと見られるし越婢湯の生姜、大棗の代りに杏仁が入ったと見てよい。麻黄が主薬で表裏に熱候がなく、熱が在るのは上焦即ち肺である。経絡の肺経と大腸経の陰陽の関係から痔疾患の方途も考えられる。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ごしつさん

牛膝散

比較的体力があるものの次の諸症:月経困難、月経不順、月経痛 目標:経血少なくて、しかも下腹部に 血があり、臍を中心に、疼痛はなはだしく、あるいは下腹や腰に引きつり痛み、ときに胸部までも痛むというものを目標とする。
応用:比較的体力があるものの次の諸症に用う。月経困難、月経不順、月経痛、経血が少ないものの生理痛。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ごしゃじんきがん

牛車腎気丸

疲れやすくて、四肢が冷えやすく尿量減少又は多尿で時に口渇がある次の諸症:下肢痛、腰痛、しびれ、老人のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみ 目標:八味丸証に準じ、腰が重く、下肢の力が抜けて浮腫を生じたもので、八味丸証にくらべて尿利減少と浮腫が甚しいものである。
応用:(八味丸に準ずるもので、八味丸の応用の一例を挙げる)
老人性腰痛、ぎっくり腰、高血圧症、動脈硬化症、脳 血後遺症、腎硬化症、前立腺肥大、慢性胃炎、膀胱炎、腎臓結石、糖尿病、インポテンツ、夜尿症、産後の尿閉、脚気、婦人病、帯下など。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ごしゅゆとう

呉茱萸湯

みぞおちが膨満して手足が冷えるものの次の諸症:頭痛、頭痛に伴うはきけ、しゃっくり 目標:表に寒があり、胃に寒水があって、気の動揺はげしく、興奮状態を呈するものである。虚証で・冷え性・嘔吐・頭痛・煩躁等を主症とし、いまにも死にそうだと訴える。心下部の圧重感・涎沫を吐し・下痢などがあり、脈は沈細遅・心下部やや膨満し・あるいは陥没し・胃内停水・拍水音のあることがある。
応用:寒飲が上下に動いて、吐いたり下したり、煩躁し、手足厥冷し、重症の状を呈するものに用いる。虚証で冷え性のものに起こる。本方は主として、(1)急に頭痛と嘔吐と煩躁するもの、(2)偏頭痛で、発作時は目くらみ、手足厥冷し、冷汗が出、脈沈遅の者、(3)嘔吐の癖のあるもの、(4)涎沫を吐く癖のあるもの、(5)食餌中毒ののち嘔気乾嘔のやまぬものなどに用いられ、また、(6)蛔虫症で嘔吐し、涎沫を吐くもの、(7)胃散過多症で、呑酸・頭痛・嘔吐のあるもの、(8)尿毒症で嘔吐・煩躁するもの、(9)子癇で嘔吐・煩躁するもの、(10)吃逆、(11)脚気衝心、(12)慢性頭痛、発作的に頭痛・嘔吐・眩暈を起こすもの、その他虚脱・昏倒・脳腫瘍・薬物中毒などに応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ごしゃくさん
五積散

慢性に経過し、症状の激しくない次の諸症:胃腸炎、腰痛、神経痛、関節痛、月経痛、頭痛、冷え症、更年期障害、感冒 目標:体質的には、肝と脾の虚弱のものが、寒と湿とに損傷されて起こる諸病に用いる。顔色はやや貧血気味で、上半身に熱感があって下半身が冷え、腰・股・下腹等が冷え痛み、脈は一般に沈んでいて、腹は多くは軟かいが、ときに心下部の堅く張っているものもある。津田玄仙は、この方を用いる目標として、腰冷痛・腰股攣急・上熱下冷・小腹痛の四つの症をあげている。必ずしもそれと限定し難いものである。
応用:慢性に経過し、症状の激しくない次の諸病:胃腸炎、腹痛、神経痛、関節痛、月経痛、頭痛、冷え症、更年期障害、感冒。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ごもつげどくさん

五物解毒散

かゆみ、湿疹 目標:体内にある諸毒が皮膚に現われ、又は麻疹等治った体表へ小発疹湿疹等くり返し出てかゆい。小発疹または先天性梅毒体質改善に用い、また痔疾(脱肛を除く)にも加減方として用いる。
応用:小児疾患麻疹の治療中に病状ほぼ治り、然し全身 痒を訴え小発疹を目標とする。魚 湯は痔、瘰癰などにもよし。(橋本方輿 )

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ごりんさん

五淋散

頻尿、排尿痛、残尿感 目標:尿が出にくく、淋瀝するもの、尿は混濁したり、血尿や膿尿が出たりする。
応用:(1)尿道炎・膀胱炎・膀胱結石・淋疾・虫垂炎などに応用される。(2)前条のほか、衰弱などによる排尿異常。(3)膀胱炎のみならず、男子では前立腺炎や、女子では、膣炎、子宮内膜炎、頸管カタール、卵管炎、卵管周囲炎、骨盤腹膜炎、虫垂炎、にも用いる。(山本巌、漢方研究64号、1977年4月号)

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ごれいさん
五苓散

のどが渇いて、尿量が少なく、吐き気、嘔吐、腹痛、頭痛、むくみなどのいずれかを伴う次の諸症:水瀉性下痢、急性胃腸炎(しぶり腹のものには使用しないこと)、暑気あたり、頭痛、むくみ 目標:口渇、尿利減少、嘔吐またははきけ、水瀉性下痢、頭痛、めまい、浮腫などを目標とする。本方の適応する嘔吐は、はげしい口渇に応じて飲んだ水を、まもなく全部吐出し、殆ど苦痛を感じない。(水逆の嘔吐)
応用:本方は主として(1)水逆の病、(2)急性胃腸炎、(3)胃拡張、胃アトニー症、胃下垂症、留飲症、(4)糖尿病、(5)船暈病、(6)急性、慢性腎炎、ネフローゼ、浮腫、(7)急性膀胱炎、(8)尿毒症等によく用いられ、また、(9)てんかん、(10)陰のう水腫(加車前子、木通)、(11)カタル性結膜炎、(12)皮膚水泡、(13)日射病、(14)頭痛、(15)三叉神経痛、(16)膀胱直腸瘻、(17)脱毛症、(18)夜盲症、(19)ヘルニア(加牡丹皮、防風)、(20)痰喘煩躁して眠らないもの(加阿膠)、(21)舌病、(22)二日酔、(23)メニエール症候群、(24)疝気(腰痛には加小茴香)等広範な雑病にまで応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


さいかんとう

柴陥湯

咳、咳による胸痛 目標:小柴胡湯の証に準じ、咳がひどく、且つ心下部痛むものに用いる。小柴胡湯単独より消炎鎮痛の力がある。胸協部の充満感、圧迫感と咳がでるときや、呼吸を深くしたとき、胸が痛み痰が切れにくいなどを特徴とする。
応用:咳。咳による胸痛、助間神経痛、亀背、亀胸

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


さいこかりゅうこつぼれいとう

柴胡加竜骨牡蛎湯

精神不安があって、どうき、不眠などを伴う次の諸症:高血圧の随伴症状(どうき、不安、不眠)、神経症、更年期神経症、小児夜なき 目標:(1)体質的には実証に属し、胸脇苦満、心下部の痞えがあり、臍辺の動悸を認めることが多く、上衝、心悸亢進、不眠、煩悶等の症状があり、驚き易く、或いはイライラして怒り易く、甚しい時は狂乱、痙攣等の神経症状を伴う。小便不利、便秘の傾向がある。(2)また一身尽く重く、転側すべからず、の条文により、動作の不活発、浮腫や麻痺のため、体の自由がきかない時にも用いられる。この場合、多少なりとも(1)の神経的、肉体的状態を伴う。
応用:目標(1)の如き各種の刺激性神経症状を呈する神経衰弱、ノイローゼ、更年期障害、動悸、不安、不眠、耳なり、眩暈等に用いられ、又麻痺、浮腫等がある。実証体質で、運動障害、小便不利、腹動、神経症状を伴う各種の病、神経症、てんかん、ヒステリー、神経性心悸亢進症、陰萎、高血圧症、動脉硬化症、脳出血、心臓弁膜症、バセドウ病、不眠症などに用いられる。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


さいこけいしかんきょうとう

柴胡桂枝乾姜湯

体力が弱く、冷え症、貧血気味で、どうき、息切れがあり、神経過敏のものの次の諸症:更年期障害、血の道症、不眠症、神経症 目標:胸脇が微かに実し、表に熱があって裏に寒があり、水分不足をきたして枯燥し、気の上衝がある。本方は発汗して表が虚し、下したために裏が寒に陥ったものである。発汗と瀉下によって体内の水分が欠乏し、尿量が減じて渇してくる。表熱が残って裏の気が上衝し、水分欠乏のため体の陽気を失ない全身に発汗せず、ただ頭汗だけが出る。本方は柴胡加竜骨牡蛎湯と似ているが、身体が虚弱で、体力は衰へ、或は長年の病気で衰弱しているもので、貧血症で、脈腹ともに力のないものが目標である。主訴として心悸亢進、息切れ、口渇があり、あるいは往来寒熱の状があり、あるいは時に自汗や盗汗があり、頭部や顔面に発汗することが多い。又大便軟かく、尿利減少の傾向がある。舌は一定せず、白苔のあることもあり、舌乳頭が消失して一皮むけたような紅いものもあり、また舌に変化のないものもある。
応用:本方は主として諸熱性病のうち、感冒、肺結核、助膜炎、瘰癧、気管支炎、肺炎等に用いられ、また肺壊疽、癰疽、痔瘻、マラリア、肝炎、黄疸、胆嚢炎、胃酸過多症、結核性腹膜炎(黄耆、別甲を加える)、神経衰弱、不眠症、更年期障害、ノイローゼ、血の道症、心悸亢進症、脚気、蓄膿症、腎盂炎、頸筋の凝り、中耳炎、耳下腺炎、どもり、頭蒼、紫斑病、産褥熱等に広く応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


さいこけいしとう

柴胡桂枝湯

多くは腹痛を伴う胃腸炎。微熱・さむけ・頭痛・はきけなどのある感冒、かぜの後期の症状  目標:太陽の邪と少陽の邪とを兼ねたもので表熱症状、心下部の緊張症状がおもな目標である。太陽の表熱症状は、頭痛、頭重、関節痛、発熱、微悪寒、脈浮等であり、少陽の心下部を中心とした腹部の所見は、心下支結(みぞおちのところがつかえて堅くなる)臍傍あるいは下腹部等に腹筋の緊張、苦満や疼痛を訴え、腹直筋の緊張が強い。この心下部症状の場合は熱がなくてもよい。また多分に神経症状を目標にとることもある。
応用:本方は主として表熱症状と心下部の緊張症状、神経症状を目標として、感冒、流感、肺炎、肺結核、助膜炎等の熱性疾患と、胃痛、胃酸過多症、減酸症、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、急性虫垂炎、急性大腸炎、潰瘍性大腸炎、膵臓炎、胆石症、肝炎、黄疸、マラリヤ、肝機能障害等の心下部緊張疼痛するものに用いられ、また助間神経痛、頭痛、関節痛、腎炎、腎盂炎、ノイローゼ、神経衰弱、多怒、不眠、血の道症、ヒステリー、癲癇症、脳症等の神経症にも応用される。さらに盗汗、夜尿症、結膜炎、フリクテン、緑内障、皮膚○痒症等にも転用されることがある。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


さいこせいかんとう

柴胡清肝湯

かんの強い傾向のある小児の次の諸症:神経症、慢性扁桃腺炎、湿疹 目標:上記のごとく、肝・胆・三焦経の風熱を治すといって、この三経絡は咽喉・頚部・耳前・耳後・耳中を絡っているもので、これらの経絡上に生じた風熱、すなわち炎症を治すものである。一般に痩せ型、または筋肉型で皮膚の色は浅黒く、あるいは青白いものもあるが、汚くすんでいるものが多い。
応用:小児腺病体質の改善薬として用いられ、肺門リンパ腺腫・慢性扁桃炎・咽喉炎・アデノイド・皮膚病・微熱・麻疹後の不調和・いわゆる疳症・助膜炎・神経質・神経症等に応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


さいしゃくりっくんしとう

柴芍六君子湯

胃腸の弱いもので、みぞおちがつかえ、食欲不振、貧血、冷え症の傾向のあるものの次の諸症:胃炎、胃アトニー、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐 目標:六君子湯の証で、腹直筋の拘攣と胸脇苦満の証とが少しく認められ、あるいは腹痛をともなっているものに用いる。
応用:本方は主に胃弱による種々な症状に用いられる。これを要約すれば、次のような2〜3の場合に相当する。(1)六君子湯を用いたような場合で、しかも胸脇苦満と腹直筋の攣急がみられるもの、この場合の胸脇苦満は軽症のことが多い。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


さいぼくとう

柴朴湯

気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、時にどうき、めまい、嘔気などを伴う次の諸症:小児ぜんそく、気管支ぜんそく、気管支炎、せき、不安神経症 目標:胸脇苦満も、上腹部の膨満、抵抗も、ともに軽微のもので、喘息、咳等の発作がおこりはしないかと心配する等の神経質な症状を目標とする。激しい呼吸困難はない。患者の多くは、やせ型で、胃腸があまり丈夫でないものが多い。
応用:心臓神経症、呼吸困難。
百日咳の発作をおそれる神経質な小児、精神不安と食欲の減退の傾向があるもの、百日咳の小児に用いる。喘息性発作などによる呼吸困難。
 神経衰弱、ノイローゼ、発作が起きないかと気にしすぎる、気管支喘息などによく用いられる。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


さいれいとう

柴苓湯

吐き気、食欲不振、のどの渇き、排尿が少ないなどの次の諸症:水瀉性下痢、急性胃腸炎、暑気あたり、むくみ 目標:小柴胡湯の証と五苓散の証と合併したもので煩渇、水瀉性下痢、暑中の疫病に多く用いられる。
 従来寒熱して下痢するもの熱高く、下腹が張り、小便が濁り気味で、のどの渇くものに良い。
応用:小柴胡湯の証で口渇、小便不利の者に用い、水瀉性下痢、急性胃腸炎、暑気あたり、むくみ、腎盂炎、腎炎、ネフローゼ、マラリア、肝炎、肝硬変、妊娠中毒症、紅斑性狼瘡(SLE)

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


さんおうさん

三黄散

比較的体力があり、のぼせ気味で、顔面紅潮し、精神不安で便秘の傾向のあるものの次の諸症:高血圧の随伴症状(のぼせ、肩こり、耳なり、頭重、不眠、不安)、鼻血、痔出血、便秘、更年期障害、血の道症

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


さんおうしゃしんとう
三黄瀉心湯

比較的体力があり、のぼせ気味で、顔面紅潮し、精神不安で、便秘の傾向のあるものの次の諸症:高血圧の随伴症状(のぼせ、肩こり、耳なり、頭重、不眠、不安)、鼻血、痔出血、便秘、更年期障害、血の道症 目標:赤ら顔ののぼせ症、精神不安あり、心下部つかえを自覚し、便秘がちのもので、鼻血など上半身の出血、高血圧、口渇などあるものを目標とする
応用:本方は脳充血、脳出血、喀血、吐血、子宮出血、痔出血などに用いられ、また切創その他の出血で、驚きと不安の状があるときに、頓服として用いて気分を落ち着け、止血の効果を発揮する。ただし出血が長びいて、貧血が著しいもの、脈の微弱なものには用いないがよい。以上の他に高血圧、神経症、不眠、胃潰瘍、胃炎、血の道症、更年期障害、皮膚病、てんかん、精神病、火傷などにも用いられる。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


さんそうにんとう

酸棗仁湯

心身が疲れ弱って眠れないもの 目標:臨床的には他に何等特徴的な所見なく、疲れて反って眠れぬものに使う。また漢方では不眠と嗜眠を同じように取り扱い嗜眠にも本方を使う。
応用:不眠症、嗜眠症

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


さんもつおうごんとう

三物黄今湯

手足のほてり 目標:四肢の煩熱を主訴とするものに用いる。すなわち手足がほてって苦しいというのが目標である。
応用:不眠症、湿疹、膿疱症、口内炎、汗疱状白癬、高血圧症。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


じいんこうかとう

滋陰降火湯

のどにうるおいがなく痰の出なくて咳こむもの 目標:回春の主治による症状のみによって用いるときは往々下痢を起こして諸症状悪化することがある。これを肺結核や慢性気管支炎に用いる場合、咳嗽はあるが乾咳で痰は粘稠で切れがたく、皮膚は浅黒く枯燥そ、便秘の傾向のものを目標とする。腎盂炎、腎結核、糖尿病等に用いる場合も、皮膚枯燥便秘がちのものを目標とすべきである。これに反して皮膚蒼白で発汗があり、咳嗽や吐痰多く、胃腸の虚弱な下痢しやすいものには禁忌である。本方を服用して下痢するものは速やかに中止し、参苓白朮散に変方すべきである。即ち肺結核の場合は、病状が進行性で滲出性のものには禁忌で、増殖性のものによく適応するもののようである。
応用:方名の「陰を滋し、火を降す」というのは泌尿器あるいは呼吸器における高熱疾患のため、津液枯燥した場合で、腎水の欠乏を滋潤し胸部の熱を清解する意味である。多く肺結核、腎盂炎等の消耗性高熱時に用いられる。即ち本方は増殖性肺結核、乾性肋膜炎、急性・慢性気管支炎、急性・慢性腎盂炎、糖尿病、腎臓結核、淋疾等に応用される。但し現在では抗生物質の併用が望ましい。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


しうんこう
紫雲膏

ひび、あかぎれ、しもやけ、魚の目、あせも、ただれ、外傷、火傷、痔核による疼痛、肛門裂傷、かぶれ 目標:肌の乾燥、荒れ、潰瘍、増殖性の皮膚異常を目標とするが、しかし必ずしも乾燥したものに限ることはない。また排膿や掻痒のるあものには奏効しだかいとされているが、よく効くこともある。
応用:よく肌を潤し、肉を平らかにするというもので、漢方外用薬のうち最も重要なものとされている。従来の報告によれば、湿疹、乾燥、角皮症、水虫、鵜眼(うおのめ)、胖胝(たこ)、膿痂疹、面疱(にきび)、水疱、疣贅(いぼ)、ひび、あかぎれ、あせも、かぶれ、わきが、円形脱毛症、白癜風、白癬などの皮膚疾患、外傷(切傷、擦過傷、打撲傷)、凍傷、褥瘡、火傷、螫刺、潰瘍、下腿潰瘍、瘻孔、痔、脱肛、糜爛等の外科的疾患に広く応用される。特に、・印の疾患によく奏効するようである。しみにも使われる。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


しぎゃくさん

四逆散

胸腹部に重くるしさがあるような場合の次の諸症:胃炎、胃痛、腹痛 目標:大柴胡湯より虚証で、小柴胡湯よりは少し実証、二方の中間に位する病証というのが目標である。腹証は胸脇苦満があり、腹直筋が李肋下で拘急している。柴胡の証で手足の厥冷するもの、あるいはいわゆる癇のたかぶる神経過敏症のものに用いれる。大柴胡湯証よりも熱状が少なく、胸脇苦満、心下痞硬の程度が軽く、腹直筋は硬く緊張して臍傍にまで及んでいる。
応用:主として胆嚢炎、胆石炎、胃炎、胃酸過多症、胃潰瘍、肋膜炎等に用いられ、また肺結核、急慢性気管支炎、喘息、心悸亢進、急慢性大腸炎、直腸炎、直腸潰瘍、結核性腹膜炎の肥厚または硬結、肩こり、ヒステリー、神経質、癲癇、癇症、神経過敏症、鼻炎、上顎洞炎などに応用される。腰痛、歯痛にも使われる

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


しくんしとう

四君子湯

やせて顔色が悪くて、食欲がなく、つかれやすいものの次の諸症:胃腸虚弱、慢性胃炎、胃のもたれ、嘔吐、下痢 目標:元気の衰えたもの、胃腸の虚弱と貧血を目標とし、種々の疾患に用いる。脈は軟弱、腹証も弛緩性、アトニー性で軟弱である。胃内停水を認め・食欲不振・全体に元気の衰えたものを目標とする。古人は貧血気味で顔色蒼白、言語に力がなく、手足倦怠で、脈に力がないという五つの症があれば、四君子湯の目標がそろっているとした。
応用:胃腸虚弱で貧血の傾向があり、元気の衰えたものに用いる基本の処方である。すなわち、本方は主として胃腸虚弱・食欲不振・貧血・嘔吐・下痢等に用い、その他老人や虚弱者の出血・甚だしく貧血のもの・四肢の無力症・痔疾・脱肛・半身不随・遺尿症・夜尿症等に応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


しちもつこうかとう
七物降下湯

身体虚弱の傾向のあるものの次の諸症:高血圧に伴う随伴症状(のぼせ、肩こり、耳なり、頭重) 応用:虚証ながら胃腸の働きがよい人の、血圧亢進に用いる。本能性高血圧症、慢性腎炎、動脈硬化症。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


していとう

柿蒂湯

しゃっくり 目標:シャックリでごく一般的の場合に用いる。
応用:シャックリの第一番に用いる薬である。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


しもつとう

四物湯

皮膚が枯燥し、色つやの悪い体質で胃腸症状のない人の次の諸症:産後あるいは流産後の疲労回復、月経不順、冷え症、しもやけ、しみ、血の道症 目標:一般的に貧血の症があって皮膚枯燥し、脈は沈んで弱く、腹は軟弱で臍上に動悸が触れるものを目標とする。婦人の血の道症といわれる神経症状を鎮静させる効能がある。貧血を治すものであるが、血の熱を冷まし、滋潤の作用があるので、口唇が蒼白となるほど高度の貧血のあるもの、および胃腸虚弱で泄瀉しやすいものには用いられない。
応用:婦人の諸疾患を治す聖薬とされている。貧血の傾向があり、月経の不調があり、自律神経の失調などあるものに用いる。また月経異常、不妊症、血の道症、産前産後諸病(産後の脚弱、産後の舌爛れ、産後血脚気、)皮膚病(乾燥性)、痿○(下肢運動麻痺)、カリエスなどに応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


しゃかんぞうとう

炙甘草湯

体力が衰えて、つかれやすいものの動悸、息切れ 目標:虚証で、栄養衰え、燥きが強く、皮膚乾燥し、疲労しやすく、手足の煩熱、口渇き、大便秘結がちで、心悸亢進、あるいは、脉の結代などあるとき、心臓弁膜症、心悸亢進、不整脈、心内膜炎、交感神経緊張症、高血圧症、バセドー病、産褥熱、胃潰瘍、肺結核、咽頭結核等。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


しゃこさいとう

鷓鴣菜湯

蛔虫の駆除 目標:蛔虫の駆除。普通一般に用いる駆虫剤で、虚実にかかわらない。蛔虫が胃に上がってくる時は効がなく、腸にいる時がよい。
応用:(1)虫下し、(蛔虫症)毎晩空腹時に服用する。
(2)蟯虫症にし連用して使用するとともに、食酢で度々浣腸する。
(3)サントニンが効かなくなった蛔虫駆除に用いるとよく効く。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


しゃくやくかんぞうとう
芍薬甘草湯

急激におこる筋肉のけいれんを伴う疼痛 目標:急迫聖の激しい筋肉の攣急と疼痛が主目標で、多くは腹直筋の攣急を現わす。本方は裏表ともに作用し、四肢腹部腰背の筋攣急ばかりでなく、胃痙攣や胆石症・腎石の痛み等裏の急迫性疼痛にもよく奏効し、その疼痛は筋肉局所のみの症状であることが多い。局所の筋肉が堅く、強く収縮し、痙攣を起こしているものによいので、多くの場合、腹直筋の攣急をともなっている。しかし腹壁の弛緩しているものでも腹底のどこかにひっぱりのあるものに用いてよいことがある。
応用:本方は発汗過多の後、邪気が内に迫って、筋肉の拘急、腰脚の攣急等を現わしたとき、この筋肉の攣急や疼痛を緩解させる目的で頓服として用いる。四肢の筋肉ばかりでなく、腹直筋を始め、胃、腸、気管支、胆のう、輸尿管等の平滑筋の攣急にも用いられる。
本方は主として腓腸筋痙攣、坐骨神経痛、腰痛、キヤリ腰、五十肩、筋肉リウマチ、アキレス腱痛、脚気、胃痙攣、腸疝痛、嵌頓、ヘルニヤ、腸閉塞、胆石疝痛、腎石疝痛、膵臓炎、舌強直、寝違えによる筋痛等にしばしば用いられ、また排尿痛、痙攣性咳嗽、小児の夜啼き、気管支喘息、痔痛、膀胱痛、歯痛、小児腹痛等にも広く応用される。さらに下肢運動麻痺、下肢無力症、脚弱、放屁癖等にも転用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


じゃしょうしとう
蛇床子湯

ただれ、かゆみ、たむし

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


じゅうぜんだいほとう
十全大補湯

病後の体力低下、疲労倦怠、食欲不振、ねあせ、手足の冷え、貧血 目標:この方は気血、陰陽、表裏、内外、みな虚したものを大いに補うもので十全の効あり。諸病の後で全身の衰弱がひどく、貧血し、心臓も疲れれ、胃腸の力も衰え、痩せて脈も腹も軟弱、温い手でもって腹を按ずることを好み、熱状のないものを目標とする。本方は服用後に食欲減退、下痢、発熱などを来すものは禁忌である。
応用:慢性諸病、大病後、虚弱者、老人、幼児などの虚証で全身の衰弱甚だしく、胃腸の働き弱く、貧血し皮膚は枯燥して熱状のないものに用いる。諸貧血症、産後、手術後の衰弱、諸熱性病後の衰弱、癰疸の後、痔瘻、カリエス、腎臓結核、瘰癧、白血病、諸出血の後、視力減退、脱肛、子宮癌、乳癌等に広く応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


じゅうみはいどくとう
十味敗毒湯

化膿性皮膚疾患・急性皮膚疾患の初期、じんましん、急性湿疹、水虫 目標:小柴胡湯の適応する体質傾向を有し、神経質で、胸脇苦満があり、化膿症を繰り返す。フルンクロージス、アレルギー性の湿疹、蕁麻疹などをおこしすい体質者が目標である。
応用:主として癰、○、湿疹、蕁麻疹、フルンクロージス、アレルギー体質改善薬として用いられ、また乳腺炎、リンパ腺炎、上顎洞炎、水虫、面疱、中耳炎、麦粒腫、外耳炎等に応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


じゅんちょうとう
潤腸湯

便秘 目標:体液枯燥により、腸内に熱をかもし、腸管が乾いて潤を失い、常習性便秘を来たしたもので、皮膚枯燥、腹壁弛緩、糞塊の触知等を目標とする。
応用:虚証の傾向にある弛緩性便秘、ときには弛緩と緊張と同時に起きた場合でもよく、体液枯燥と腸内の燥熱あるものに用う。常習性便秘・高血圧・動脈硬化症・慢性腎炎などを合併した便秘症に応用する。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


しょうきょうしゃしんとう
生姜瀉心湯

みぞおちがつかえた感じがあり、げっぷを伴う次の諸症:食欲不振、胸やけ、はきけ、嘔吐、下痢、胃腸炎、口臭 目標:半夏瀉心湯の証で○気、食臭を発し、腹中雷鳴、下痢するものである。○気、食臭および腹中雷鳴、下痢は胃腸内での発酵が盛んなためであって生姜のつかさどるところである。(下痢がなくても用いられる。)
応用:胃腸炎、発酵性下痢、過酸症、胃拡張などに応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


しょうけんちゅうとう
小建中湯

体質虚弱で疲労しやすく、血色がすぐれず、腹痛、動悸、手足のほてり、冷え、頻尿、及び多尿などのいずれかを伴う次の諸症:小児虚弱体質、疲労倦怠、神経質、慢性胃腸炎、小児夜尿症、夜なき 目標:本方を用いる目標の第一は全身の疲労状態、精力の虚乏である。脈は大であるか、または沈微細のこともあり、腹痛のあるときは弦または○の場合もある。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


しょうさいことう
小柴胡湯

はきけ、食欲不振、胃炎、胃腸虚弱、疲労感及びかぜの後期の症状 目標:胸部の充塞感または季肋部に抵抗圧痛があり、食欲がなく、口中がねばり、苦い感じがして舌に白苔あり、胃部がつかえて硬い。また弛張熱あるいは間けつ熱型の発熱、嘔きけ、口渇、腹痛、頸項の緊張などのいずれかを伴うものを目標とする。
応用:本方は応用範囲が広く、諸種の熱性病、感冒、流感、咽喉炎、耳下腺炎、肺炎、胸膜炎、気管支炎、肺結核、リンパ腺結核、肝炎、胃腸炎などに用いられる、その他繁用されるケースには中耳炎、小児の吐乳、麻疹、黄疸、マラリア、るいれき(加夏枯草)、糖尿病(加地黄)などがある。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


しょうさいことう
かききょうせっこう
小柴胡湯加桔梗石膏

咽喉がはれて痛む次の諸症:扁桃炎、扁桃周囲炎 目標:小柴胡湯の証で、のどが腫れ、痛みを目標とす。
応用:耳鼻科、咽喉科、呼吸器科における諸症状。扁桃炎、扁桃周囲炎、耳下腺炎、頸部リンパ腺炎、蓄膿症、風邪の後期の症状或いは膿痰の出る時。乳腺炎。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


しょうじょうきとう
小承気湯

便秘 目標:腹満便秘、或は潮熱、悪熱自汗・或は譫語、或は吃逆。
応用:急性熱病、便秘、脳症。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


しょうせいりゅうとう
小青竜湯

気管支炎、気管支ぜんそく、鼻水、うすい水ようの痰を伴う咳、鼻炎 目標:下心に水飲があって、しかも表の邪が解せず、この水によって諸症状を現わす。表の熱症状と喘咳のある場合、熱なく喘咳のある場合、浮腫や涎沫過多など○飲のあるものを目標とする。喘鳴や呼吸困難を伴う咳嗽で疱沫水様痰を出し、心下部にしばしば抵抗を増し、腹部は比較的軟かく、尿量減少すること多し。背中が冷えるものあり。石膏、杏仁を加えるとき、証がはげしく。煩躁を表わす場合あり。
応用:本方は気管支炎、気管支喘息、百日咳、肺炎、胸膜炎、アレルギー性鼻炎、関節炎、結膜炎などに用いられ、またネフローゼ、腎炎などの発病初期の浮腫に用いることがある。(中略)浮腫が長びいたものに用いると却って悪いことがあるので、注意を要する。気管支喘息では皮膚病を伴うものには本方の適応することが多い。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


しょうせいりゅうとう
かせっこう
小青竜湯加石膏

次の諸症があって、のどのかわきのあるもの:気管支炎、気管支ぜんそく、鼻水、うすい水ようの痰を伴う咳、鼻炎 目標:「麻黄と桂枝をもって表証を解し、桂枝は水毒の上衝を抑え、一方麻黄は喘咳を治す。細辛・乾姜・半夏は胃内停水を去り、芍薬と五味子は咳嗽を収め、甘草は諸薬を調和し、上衝の気を静め、一方組織の緊縮を緩和するものである。(小青竜湯)」「小青竜湯の証が激しく、煩躁を現わす場合に用いる。(小青竜湯加石膏)」
応用:「下心や胸中に水毒と寒えがあり、気の上衝が起こったり、表に熱があるので、その水気が上方または表にあふれ出て、咳嗽、喀痰や喘息、浮腫などを発したものに用いる。すなわち本方は発熱と喘咳を主とする。感冒・流行性感冒・湿性肋膜炎、気管支拡張症・肺気腫・肋間神経痛、涙嚢炎・湿疹・水泡・腹水、留飲症・生唾過多症(よだれを流す症)・また上顎洞化膿症・肥厚性鼻炎・くしゃみ頻発症などに応用される。」(小青竜湯の応用)

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


しょうせいりゅうとう
ごうまきょうかんせきとう
小青竜湯合麻杏甘石湯

気管支ぜんそく、小児ぜんそく、せき 目標:小青竜湯も麻杏甘石湯も水毒を体に持っているが、小青竜湯の場合にはそれが水ばなとか、涙とか唾とか水様性の痰となって出るのに対し、麻杏甘石は汗して喘し、口渇がある。この2方の仲間を行く、つまり小青竜湯証で、水ばななどはやや少なく、口渇があり呼吸困難と咳嗽が激しいものに使う。
応用:下心や胸中に水毒と寒があり、気の上衝が起ったり、表熱があるため、その水気が上方または表面に○れ出て、咳嗽、喀痰、喘息、浮腫などを発したものに用いる。感冒、流行性感冒、気管支炎、肺炎、湿性肋膜炎、気管支喘息、気管支拡張症、肺気腫、百日咳、肋間神経痛、慢性胃炎、ネフローゼ、結膜炎、湿疹、水泡、浮腫、下心の水気である胃散過多症、留飲症、くしゃみ多発、アレルギー鼻炎等に応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


しょうはんげかぶくりょうとう
小半夏加茯苓湯

つわり、嘔吐、悪心 目標:胃内停水、嘔吐または吐き気があり、尿量減少するもので、軽い口渇、めまい、動悸などあるのを目標とする。
応用:この方は、胃内に停水があって、嘔吐を発するものに用いる。最もしばしば用いられるのは妊娠嘔吐である。そのほか諸病で嘔吐の止まないもの。急性胃腸炎、水腫性脚気にともなう嘔吐、小児の嘔吐、湿性胸膜炎や蓄膿症に応用されることもある。本方は嘔吐を目標に用いるが、五苓散の適応症である水逆性の嘔吐と区別して用いる。すなわち、五苓散で奏効する嘔吐は、ひどく口渇を訴え、水を飲むとたちまちその水を吐く、吐くとまた渇く、飲むとまた吐く、尿がよく出ないときに用いるが、本方ははげしい口渇はなく悪心のあるものに用いる。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


しょうまかっこんとう
升麻葛根湯

感冒の初期、皮膚炎 目標:足の陽明経は目鼻を挟む故に悪寒発熱と共に目痛み鼻乾き、それ故眠られずそれ故これは陽明の胃経に属す。大人邪胃に受ければ安眠出来ず。故に太陽少陽の発熱悪寒等と違い、胃実の陽明病の承気湯類の症候とも異り、発疹、発斑出でんとするところを区分して本剤の主用を定めて、その外気候不順にして多くの人がかかる時節も用いる所である。なお本剤は発斑が出たあと熱が退けば治っていくもので過用を慎む。但し便秘して潮熱譫語する時は、調胃承気湯、大柴胡湯加芒胡で下せば治って行くものである。
応用:痘瘡、麻疹、猩紅熱の初期、衂血、眼充血、扁桃炎、皮膚病の一種、頭痛激しき感冒

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


しょうようさん
逍遙散

冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症 目標:疲労性で心部手心足煩熱し、肢体痛み、頭重く目くらみ、胸さわぎ、頬赤く喉渇き、発熱盗汗、食欲減退、臥したがり、寒熱し、或いは羸痩咳嗽するもの、或いは月経不順、腹部脹満するもの。
応用:月経不順、血の道症、冷え性、更年期障害、ノイローゼ、不眠症

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


しれいとう
四苓湯

のどが渇いて、水を飲んでも尿量が少なく、吐き気、嘔吐、腹痛、むくみなどのいずれかを伴う次の諸症:暑気あたり、急性胃腸炎、むくみ 目標:のどが渇いて、水を飲んでも尿量少なく、嘔気、嘔吐、腹痛、むくみのあるもので表証や気の上衝が無いもの、又は温剤を使いたくない時。
応用:暑気あたり、急性胃腸炎、浮腫などに用いる。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


しんいせいはいとう
辛夷清肺湯

鼻づまり、慢性鼻炎、蓄膿症 目標:濃い鼻汁が出る熱性の蓄膿症、肥厚性鼻炎
応用:鼻づまり、慢性鼻炎、蓄膿症。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)

じんそいん
参蘇飲

感冒、せき 目標:この処方を用いるものは、胃内停水のある胃の弱い人の感冒で、頭痛、発熱、咳嗽等があり、心下部がつかえ、嘔気のある虚証に用いる。葛根湯や桂枝湯を服用すると胸につかえたり、種々の化学製剤を服用しても治らず、反って胃を悪くしたような場合によい。
応用:感冒、気管支炎、悪阻、気鬱症、神経性不食症など。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


しんぴとう
神秘湯

小児ぜんそく、気管支ぜんそく、気管支炎 目標:呼吸困難を主訴に痰は少なく、気鬱の神経症状が加わっていて、一般に腹力弱く、心下もそれほど緊張せず、わずかに胸脇苦満を認めるもの。(消化管に水滞ある人には注意を要する)
応用:呼吸困難を主訴とし、比較的痰少なく、気鬱の神経症を兼ねた気管支喘息に用いる。気管支喘息、肺気腫、小児喘息等に応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


せいきあんかいとう
清肌安蛔湯

蛔虫の駆除 目標:蛔虫で寒熱往来し、皮膚枯燥しマラリヤに似た衰弱した症状を目標とす。
応用:(1)小児蛔虫のため寒熱を発する場合。(2)蛔虫で寒熱往来し、皮膚が枯燥しマラリヤのような労の場合に用いる。労とは、疲労困ぱいしたものをいう。慢性症にして、身体の衰弱を招く病症をいう。例えば労咳、労熱の如し。慢性の経過をする結核性疾患。顔色の黒いもの、五労の別あり。午前中に熱が高く、夕方に下がるものに良いとの口訣があって、蛔虫の存否にかかわらず応用される

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


せいしょえっきとう
清暑益気湯

暑気あたり、暑さによる食欲不振・下痢・全身倦怠・夏やせ 目標:平常虚弱の人で夏の暑熱に感じて羸痩、倦怠、或は下痢し、或は呼吸苦しく、四肢熱して倦怠甚だしく、食欲振るわず、自汗のでる者によい。
応用:(1)注夏病と称する夏やせ、夏まけの専剤。(2)盛夏の候の肺炎、倦怠感甚だしく、食のすすまない、急性肝炎。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


せいじょうけんつうとう
清上瞼痛湯

顔面痛、頭痛 目標:多くの場合用いることのできる頭痛薬であり、専ら風熱による痛みを去る。痛みの部位により加減方を用いる時はなお的確である。目の奥が痛いなど、目に関係がある頭痛によく効く。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


せいじょうぼうふうとう
清上防風湯

にきび 目標:上焦の実熱というのが目標で、上部(顔面や頭部)に血熱が鬱滞し、瘡を発し、顔面赤く、上衝を訴える場合に用いる。上部に集まった熱の邪は、上部で発表し清解する方がよい。体質もそれほど虚弱でない場合で、面疱などは赤紫色になっているものが多い。
応用:上焦部とくに顔面に鬱滞した熱を発表清解させるもので、次のような疾患に用いる。にきび、強壮の青年男子に多く、女子の場合も壮実で、顔色赤く、発疹も充血して赤いもの、頭部湿疹、眼充血、顔面充血、酒○鼻などによい。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


せいしんれんしいん
清心蓮子飲

全身倦怠感があり、口や舌が乾き、尿が出しぶるものの次の諸症:残尿感、頻尿、排尿痛 目標:上盛下虚が目標、上部の心熱が盛んになって、下焦の腎の働きが弱くなり、上下の調和を失って、泌尿器に症状を現している。即ち、尿意頻数、尿混濁、遺精、遺尿、残尿管がある。婦人の帯下で、米のとぎ汁の様なものが大量に下るもの、又糖尿病で神経症を兼ね、体力衰乏、食欲少なく、全身倦怠感を訴えるもの。
応用:虚状を帯びた慢性泌尿器疾患。主として腎臓結核、慢性淋疾、膀胱炎、腎盂炎、帯下、性的神経衰弱、糖尿病、口内炎に応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


せいはいとう
清肺湯

痰の多く出る咳 目標:呼吸器の内部に熱をもち、慢性の炎症を起こし、痰が沢山でき、激しい咳嗽が続き、しかも痰は粘調でなかなか切れないというのが目標である。長びくと咽喉が痛んだり、声が嗄れたり、咽がムズムズするとい云うようになる。痰の色は黄色のことも、青いこともあるが、粘ってなかなか切れにくく、喀出するのに苦しむ。痰が出るまで激しい咳が続くものである。
応用:慢性の経過をとった気管支炎、肺炎、肺結核などで胸中に熱が残り、咳嗽、喀痰がやまぬものに用いる。本方は主として慢性気管支炎、慢性咽喉炎、肺炎、肺結核、気管支拡張症、気管支喘息、心臓性喘息などに応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


せっしょういん
折衝飲

月経不順、月経痛 目標:お血により、下腹部に痛みを訴え、また骨盤腔内に痛みを発するものに用いる。妊娠初期の出血、また妊娠中でなくとも、婦人のお血による諸症、月経不順などに痛みをともなうものに用いてよい。
応用:月経痛、骨盤腹膜炎、子宮実質炎、卵管炎、子宮筋腫などに応用される。(1)子宮附属器炎(卵巣・卵管炎):亜急性または慢性に移行し、下腹部に抵抗圧痛が有り、時々自発痛が有って帯下を伴うものによい。(2)月経困難症:炎症性のもので内膜炎、骨盤腹膜炎、附属器炎などで、亜急性または慢性となった困難症によい。(3)子宮筋腫:筋腫があって、月経痛、月経不順、下腹部の疼痛を発するものなどによい。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


せんきんけいめいさん
千金鶏鳴散

打撲のはれと痛み 目標:打撲、捻挫などによるお血症状:はれと痛みを目標とする。
応用:打撲のはれと痛みの激しいものに用う。(内服)奏効する。打撲の直後がよい。酒でのむ事になっているが、酒で煎じてもよし。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


せんしびゃくじゅつさん
銭氏白朮散

小児の消化不良、感冒痔の嘔吐・下痢 目標:(予が之を用いる口訣二つ有り)小児肌熱吐瀉する者に用う。脾胃虚寒にして発熱、悪寒、泄瀉を兼ねる者の理中湯の大温は軽々しく用い軽々しく用い難く補中益気の峻補は未だ適当ならず、この時に於て必ず之を投ず。小児の熱瀉小便赤く少なく煩渇するもの。
応用:小児の消化不良、感冒時の嘔吐下痢、脾胃虚して久しく泄瀉し飲食進まず下痢、胃もたれある時(参苓白朮散もよし。)
注)下痢症は湯剤を久しく用いる時は脾胃に濕を蓄へて泄瀉やむことなし。故に粉薬を用いること大秘密也(牛山活套)、故に養生の為粥ばかり用ゆることも脾胃に濕を蓄へることとなり飯を用ゆること大秘密也(牛山活套)。[引用文献]香月牛山選集。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


そけいかっけつとう
疎経活血湯

関節痛、神経痛、腰痛、筋肉痛 目標:お血と水毒と風寒を兼ね、筋肉、関節、神経に疼痛を発し、とくに腰より以下に発した痛みを目標にして用いられる。酒色を好むものに多く、内傷と外感によって起こる。
応用:筋肉リウマチ、痛風、漿液性膝関節炎、腰痛、坐骨神経痛、痿躄(下肢麻痺)、脚気、浮腫、半身不随、高血圧、産後の血栓性疼痛等に用いる。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


そしこうきとう
蘇子降気湯

足冷えのある人の慢性気管支炎で多少呼吸困難の傾向のあるもの 目標:足冷えと呼吸困難が目標である。体質虚弱の人、老人に多く、下焦(臍より下)に力もなく、小便不利し、痰が多く、呼吸促迫し、上衝する。脉は弦緊洪大にみえて底力なく、腹も全体に薄弱で、心下の痞えがある。
応用:慢性気管支炎、喘息性気管支炎、肺気腫、耳鳴、吐血、衂血、歯槽膿漏、口中腐爛、脚気、水腫など。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


だいおうかんぞうとう
大黄甘草湯

便秘 目標:強度でない便秘、大便秘結して食べたものを吐くもの。
応用:常習便秘症、(外の下痢で腹痛をしてしまうもの)

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


だいおうぼたんぴとう
大黄牡丹皮湯

比較的体力があり、下腹部痛があって、便秘しがちなものの次の諸症:月経不順、月経困難、便秘、痔核 目標:実証で、主として下部に緊張性の炎症化膿症があり、腫脹、疼痛、発熱があって、便秘の傾向がある。下腹部に腫瘤または堅塊があって、圧痛を訴え、自覚的苦痛が激しく、体力の充実しているものを目標とする。脈は緊で遅く、腹はや膨満鼓脹している。
応用:本方は主として下半身の炎症性の病に応用される。虫垂炎、直腸炎、痔核、肛門周囲炎、尿管結石、尿道炎、尿閉等。また婦人病とくに子宮内膜炎、卵巣炎、膣炎、帯下等に応用されるほか、目標に示したような症候を伴えば乳腺炎、皮膚病等にも広く応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


だいけんちゅうとう
大建中湯

腹が冷えて痛み、腹部膨満感のあるもの 目標:裏に寒があって、腸が蠕動不安を起こして腹痛するものに用いる。腹診すると、腹部は軟弱無力で弛緩し、水とガスが停滞し易く、腸の蠕動を外から望見することができる。蠕動のはげしいときには、腹痛を訴え、ときに嘔吐することもある。腹中は冷え、脈は遅弱で、手足は冷えやすい。しかしガスの充満ははなはだしいときには、腹一体に緊満状となって腸の蠕動を望見できないこともある。この場合でも腸のグル音は必ずあるからこれを目標とする。
応用:腸疝痛、回虫による腹痛、腹痛嘔吐の劇しいもの、慢性腸狭窄、胆石痛、腹膜炎等。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


だいさいことう
大柴胡湯

胃部が硬くつかえて便秘し、胸や脇腹に圧迫感や痛みがあるもので、肩こり、耳なり、食欲減退などを伴うもの 高血圧症、常習便秘、胃腸カタル 目標:筋肉かたくしまり、がっちりした壮健なもので、李助下部に抵抗、圧痛間があり、便秘気味で、肩がこり、下に白色または黄色のこけがあるので嘔吐またははきけ、頭重、喘息、耳鳴、不眠などを伴うものを目標とする。
応用:少陽病より陽明病に移ろうとする時期、小柴胡湯よりも実証で、症状がすべて激しい場合に用いられる。本方の応用を新撰類聚方に準拠して分類列挙すると、つぎのとおりである。
(1)諸熱性伝染病。たとえば腸チフス、流感、マラリア等で、発熱あるいは往来悪熱、胸脇苦満強く、あるいは悪心、嘔吐、食欲不振、舌乾燥して黄苔があり、便秘して脈腹共に力あるもの。
(2)呼吸器系の雑病としては気管支喘息、気管支拡張症等で、発熱あるいは無熱でもよい。
(3)循環器障害では心臓弁膜症、心筋梗塞、心臓性喘息などで、体力のあるもの。
(4)成人病といわれている高血圧症、動脈硬化症、脳軟化症等で心下部の緊張強く、便秘、不眠、肩こりのあるものなど。
(5)消化器系の疾患に用いられることも多く、胃炎、胃酸過多症、胃潰瘍、胆石症、肝炎、胆のう炎、膵臓炎、常習性便秘等で実証のもの。
(6)泌尿器系の疾患では、急性慢性腎炎、ネフローゼ、萎縮腎、腎臓結石等。
(7)新陳代謝病といわれるものでは、肥胖病、糖尿病、脚気等で実証のもの。
(8)神経系の疾患では、半身不随、肋間神経痛、腰痛、ノイローゼ、不眠症等。
(9)眼科耳鼻咽喉科領域では、結膜炎、角膜炎、耳鳴り、咽喉腫痛等。
(10)皮膚科領域では、禿髪症、ふけ症、じんましん、ヘルペス等。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


だいはんげとう
大半夏湯

嘔吐 目標:嘔吐して心下痞硬するを目標とする。食滞及び消化機能障害があり、特に著名なのが嘔吐。
応用:(1)胃反性の嘔吐、すなわち朝食暮吐、暮食朝吐するもの。食道癌、幽門狭窄、習慣性反芻、胃下垂症、胃アトニー。
(2)胃反でない嘔吐でも心下逆満痞硬するものなどに用う。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ちくじょうんたんとう
竹如温胆湯

インフルエンザ、風邪、肺炎などの回復期に熱が長びいたり、また平熱になっても気分がさっぱりせず、せきや痰が多くて安眠ができないもの 目標:胸膈に鬱熱あり、咳嗽不眠に用う。雑病にても婦人の同症に用う。痰飲にして煩渇あるもの、傷寒、汗して後虚煩不眠○語するもの。小柴胡湯以後の症のあるもの。痰熱が胸に強く寝苦しいもの。熱き息がでるなり。また煩躁あるもの。
応用:(1)諸熱性病で、経過中熱が去らず、胸中鬱熱、痰があって不眠、煩躁するもの。
(2)不眠症で痰が胸中に滞り、驚き易く不眠のもの。
(3)神経性心悸亢進で胸中鬱塞そ、痰が出て不眠、驚き易く心悸亢進するもの。
(4)アルコール中毒者の痰持ち、酒飲みで顔色の赤いもの、常に痰多く、不眠の症などあるもの。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ちだぼくいっぽう
治打撲一方

打撲によるはれ及び痛み 目標:打撲後の腫脹疼痛、筋肉の疼痛が長期にわたるもの。
応用:打撲筋骨疼痛、内出血

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ちずそういっぽう
治頭瘡一方

湿疹、くさ、乳幼児の湿疹 目標:小児の頭瘡(大人でもよい)、顔面、頚部、脇窩、陰部等に発赤、丘疹、水疱、糜爛、結痂を作るもので、実証に属し、大体において下剤の適応するものを目標とし、通じのあるものは大黄を去る。長期連用する。
応用:中和解毒の効があるとされ、小児の胎毒に用いる。すなわち、本方は主として小児頭部湿疹・胎毒下し・諸湿疹に用いられる。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ちゅうおうこう
中黄膏

急性化膿性皮膚疾患(はれもの)の初期、うち身、ねんざ 目標:表在性の炎症・腫瘍などの熱性痛。「諸熱毒・腫痛を治すこと膿の有無を問わず新久を論ぜず、毒を散じ熱を解く。結毒・痔毒・疳瘡・腎嚢風等を治するに、凡そ熱痛する者は皆效く。」(勿誤薬室方函下)
応用:熱性の皮膚疾患や化膿、うちみ、ねんざなどに、熱を去り、排膿を促進し、疼痛を緩解し、出血を止め、鬱血を散らす。産婦乳房炎の初期より中黄膏を貼布するときは、うっ滞性のものは消散を早め、細菌性のもので化膿したものでは開口を促進する効がある。化膿性疾患で、赤腫疼痛して未だ潰れないものに用いる。打撲で熱をもって痛む場合、動物の噛傷、鼻孔中の腫物、凍傷にも用いる。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ちょういじょうきとう
腸胃承気湯

便秘 目標:「病後の便秘、老人の便秘などで、口や舌が乾いて、腹がはり気味のものに用いる。また熱病で便秘している時に、頓服として用いることがある。けれども、このさいには脈が沈実で腹にも、弾力があることが条件となる。とにかく熱性病の経過中に便秘を呈した時は、特に脈や腹に注意して下剤を用いるようにしなければならない。数日間便秘していても、脈が弱くて力のない場合や、舌が湿って、腹に力のない場合には、よほど慎重に薬方を選ばなければならない。このような場合には、四逆湯などを用いたほうが、却って気持ちよく通じのつくことが多い。」
応用:便秘、急性伝染病、熱病、糖尿病(漢方処方薬:竜野一雄)

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ちょうとうさん
釣藤散

慢性に続く頭痛で中年以降、または高血圧の傾向のあるもの 目標:むかし、いわゆる疳症といった神経質のもので、気の上衝がひどく、頭痛・眩暈・肩背拘急・眼球結膜が充血し、神経症となって常に鬱陶しいものに用いる。朝方頭痛するということを目標にすることもあるが必ずしも決定的なものではない。本方は愁訴の多い患者に用いられ、とくに頭痛が多く、頭重・肩こり・眩暈を訴え、さらに便秘・不眠・夜間尿・手足冷え・心下痞え・動悸・耳鳴り・のぼせ・怒りやすい・食欲不振等がある。頭痛はとくに早朝覚醒時、あるいは休息時に現われる。脳動脈硬化症のものが多い。頭痛とともに昜怒性・のぼせ・耳鳴り・不眠・眩暈等の神経症状が強く、また心下痞え、食欲不振等の消化器症状が見られることも興味深い。(細野史郎氏:日本東洋医学会誌)
応用:老人の常習性頭痛、神経症、動脈硬化症、高血圧症、慢性胃炎、更年期障害等に前述の症状を目標に使用する。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ちょれいとう
猪苓湯

尿量が減少し、尿が出にくく、排尿痛あるいは残尿感のあるもの 目標:排尿困難、排尿痛、残尿管、排尿頻数、口渇を目標とする。
応用:尿道カタル、膀胱カタル、尿路結石、腎炎。ときどき下腹部に圧痛を伴うこともある。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ちょれいとうごうしもつとう
猪苓湯合四物湯

皮膚が枯燥し、色つやの悪い体質で胃腸症状のない人の次の諸症:排尿困難、排尿痛、残尿感、頻尿 目標:膀胱障害を起して尿意頻数、排尿時疼痛を訴えるものに用いる。但し衰弱の甚だしくないもの、胃腸障害のないものに用いる。血尿、口渇、腰痛を伴うことが多い。
応用:尿道、膀胱、腎等の炎症による白濁尿、血尿、結核性腎炎による排尿障害等で胃腸障害のないもの、排尿異常、腎臓結核。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


つうどうさん
通導散

比較的体力があり、下腹部に圧痛があって便秘しがちなものの次の諸症:月経不順、月経痛、更年期障害、腰痛、便秘、打ち身(打撲)、高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり) 目標:駆お血剤の中の陽明実熱があり皮膚打撲傷ある時に限らず、皮下組織臓器に傷害が及び、広範囲に及んでいるような病状に用い早く出血を吸収させる。古方にある桃核承気湯に比較できる方剤である。また別に内科的疾患特に婦人科疾患に多く用いられる傾向にある。
応用:脳溢血、片麻痺、喘息、胃腸痛、肺結核、淋疾、神経疾患、動脈硬化、常習便秘、歯痛、眼病、腰痛、脚気、泌尿器疾患、バセドウ氏病、虫垂炎、発狂、心臓病、子宮ラッパ管炎、卵巣の炎症並に腫瘍等について上記目標に原因する諸病に応用する。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


とうかくじょうきとう
桃核承気湯

比較的頑丈な体質者で、のぼせや冷えがあり便秘がちのもの 月経不順、月経困難、常習便秘、高血圧症、更年期の神経症 目標:お血性の炎症があって急性症状はげしく、下腹部(主として左下腹部)に自覚的圧痛または堅い塊があり、のぼせと下半身の冷え、便秘などがある。また月経不順、めまい、頭痛、肩こり、興奮性の神経症状、全身灼熱感、不眠、動悸などを伴うことが多い。
応用:本方は婦人に用いることが多く、月経困難症、月経不順より来る諸種の疾患、月経時に精神異常を呈するもの、胎盤残留して下血の止まない場合、胎児が母胎内で死んで娩出しない場合、産後発狂病となるもの、くも膜下出血、痔核、前立腺炎、会陰部の打撲、眼疾、歯痛、尿道狭窄、骨盤腹膜炎などに用いられる。
 上記は婦人の場合を述べたものだが、男子にも使用する機会の多い処方で、その他神経痛(夜増劇する)、腎臓結石、脳溢血など、広い適応症状をもっている。ただし、使用に当たっては独特の目標に留意して慎重を期すべきである。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


とうきいんし
当帰飲子

冷え症のものの次の諸症:慢性湿疹(分泌物の少ないもの)、かゆみ 目標:血虚、血燥、風熱による皮膚掻痒が目標である。それゆえ貧血症で、皮膚枯燥があり、分泌物少なく、乾燥し、発赤も少なく、掻痒を主訴とし、老人や虚弱の人に多く用いられるものである。
応用:貧血症、あるいは枯燥による慢性の皮膚掻痒症に用いる。主として皮膚掻痒症、痒疹、瘡疥(ひぜん)その他乾燥性皮膚疾患、慢性湿疹等に用いられる。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


とうきけんちゅうとう
当帰建中湯

疲労しやすく、血色のすぐれないものの次の諸症:月経痛、下腹部痛、痔、脱肛の痛み 目標:虚弱で疲れやすく、小便の量も多く、よく下腹痛をおこす傾向があり、その他腰痛、月系困難、下部の出血などがあり、手足がほてることが多いものを目標とする。腹痛は刺すような痛み、ひきつるような痛みであることが多い。
応用:婦人病からくる下腹痛、子宮出血、月経困難症、産後衰弱して下腹から腰背に引いて痛むものに用いる。また男女を問わず、神経痛、腰痛、慢性腹膜炎、痔疾患にも応用する。その他坐骨神経痛、遊走腎、慢性虫垂炎、癒着による腹痛などに応用の機会がある。疲労の度がはげしげれば膠飴を加える。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


とうきさん
当帰散

産前産後の障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ) 目標:産前・産後の傷害(貧血・疲労倦怠・めまい・むくみ等)
応用:妊娠中と産後の養生・不妊症。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


とうきしぎゃくか
ごしゅゆしょうきょうとう
当帰四逆加呉茱萸生姜湯

手足の冷えを感じ、下肢が冷えると下肢または下腹部が痛くなりやすいものの次の諸症:しもやけ、頭痛、下腹部痛、腰痛 目標:当帰四逆湯の証の一段と激しいものや、あるいは慢性痼疾化したもので、内の寒飲が動揺して胸中胸満を発し、あるいは嘔吐、腰腹痛激しく下痢、悪寒、手足厥冷し脈細小絶えんとする等を目標とする。
応用:病位は当帰四逆湯と同じであるが、病人が平常から内部に寒飲があって、その動揺によって胸中満悶、あるいは嘔を発するものに用いる。本方は流感その他の熱性病の経過中に、脈微細となり、手足冷え、あるいは頭痛悪寒し、あるいは胸痛咳痰などあり、あるいは喘息冷汗、あるいは腹がつって痛むなどの際に用いる。難病としては、しばしば凍傷、脱疸、レイノー病、水虫、○疸などでチアノーゼを呈するもの、諸神経痛、いわゆる疝気と称する腸疝痛、ヘルニアの痛み、蛔虫症、慢性虫垂炎、婦人骨盤腹膜炎、下腹部や腰脚の痛み、手足が冷えて水に手を入れられぬもの。頭痛で頭が冷えるものなどに広く応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


とうきしぎゃくとう
当帰四逆湯

手足が冷えるものの次の諸症:しもやけ、下腹部痛、腰痛、下痢、月経痛、冷え症 目標:手足などに冷えを自覚し、しもやけ、頭痛、腹痛、腹鳴下痢、帯下などがあり、ガスがたまりやすいのを目標とする。
応用:熱病のとき発汗しすぎたため陽気が少なくなり、手足が冷えて脈が微弱になったもの、脉の微弱は陽気の少ないことを現わしている。凍傷、坐骨神経痛、腰痛、脱疸、レイノー病、冷えによる腹痛、慢性腹膜炎、子宮脱、その他婦人科疾患の腹痛、冷え腹の下痢など。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


とうきしゃくやくさん
当帰芍薬散

比較的体力が乏しく、冷え症で貧血の傾向があり疲労しやすく、時に下腹部痛、頭痛、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴える次の諸症:月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、産前産後あるいは流産による障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)、めまい、頭痛、肩こり、腰痛、足腰の冷え、しもやけ、むくみ、しみ 目標:虚弱で色白く、貧血があり、肉付きのやわらかな者で、頭重、めまい、肩こり、頻尿または尿利減少(このときは浮腫を伴う)、胃内停水、女性なら生理不順、流産ぐせなどをおもな目標とする。
応用:本方は応用範囲広く、これを分類してみるとつぎのとおりである。
(1)全身倦怠感、疲れやすい無気力な体質者のめまい、頭重、肩こり、耳鳴、心悸亢進、不眠、浮腫などを主訴とするもの。
(2)月経不順、不妊、流産ぐせなどの婦人科疾患。
(3)神経衰弱、ノイローゼなどの神経障害。
(4)その他胃アトニー、胃下垂、腹水、浮腫、低血圧症、メニエール症候群、腎炎、ネフローゼ、神経痛、凍傷、ニキビ、湿疹など。
 胃腸の弱い人では、本方を服用すると胸焼け、もたれ、食欲不振、下痢を来たすことがある。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


とうきとう
当帰湯

背中に寒冷を覚え、腹部膨満感や腹痛のあるもの 目標:脾胃弱く体力気力弱くしばしば疝痛を起し心下より気逆上し痛み心背に徹するもの、これが狭心症の症候に近く疑似狭心症に用いられる。
応用:胃潰瘍、狭心症、胃拡張症、腹部動脈硬化による久腹痛等あるいは狭心症様症状。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


とうきばいもくじんがん

当帰貝母苦参丸

小便がしぶって出にくいもの 排尿困難 目標:小便がしぶって出にくいもの。
応用:排尿困難

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


どっかつかっこんとう
独活葛根湯

五十肩、肩こり 目標:本方は虚血に外感を兼ねて、肩背強急し、身体疼痛四肢付随するものに用いる。
応用:四十肩、五十肩、脳溢血後の肩背拘急、四肢疼痛、外感を兼ねたものに応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


どっかつとう
独活湯

冷えによる手足の屈伸痛 目標:冷えと言うよりは、体力ある人が労役により(外気湿気を受け血滞により)足腰の曲伸痛み重く山の如きとき。
応用:一般足腰の痛み、構成薬物からみて冷えによるものより仕事しずきによる痛み。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


にじゅつとう
二朮湯

五十肩 目標:色白の筋肉の軟い痰飲体質で胃腸が余り丈夫でない人の肩臂痛の有る人、または五十肩に適用される。
応用:五十肩、頸腕症候群の痛みの有る者。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


にちんとう
二陳湯

悪心、嘔吐 目標:胃内停水があり、そのため悪心、はきけ、心下部不快感があり、時に嘔吐、めまい、頭痛、心悸亢進をおこすものを目標とする。この方は痰飲を治する聖剤にして、緒の痰を治する薬方、皆この方の加減したるもの多し、一切の痰飲化して百痰となるを治する妙剤なり。
応用:

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


にょしんさん
女神散

のぼせとめまいのあるものの次の諸症:産前産後の神経症、月経不順、血の道症 目標:体質的にはあまり特徴がなく、体力中くらいかやや強い婦人、お血の特徴もはっきりしないが、たいていは月経に異常がある。産後、流産のあと、人工中絶後などにおこる神経症状である。症状はたいてい慢性頑固で、長い間不眠、頭痛、頭重感、めまい、動悸(心悸亢進)、のぼせ(逆上感)、腰痛などに悩まされ、精神不安があり、気分が憂鬱である。不眠には、芍薬を加えるとよい。
応用:血の道、神経症、ヒステリー、更年期障害、分裂病、その他の精神疾患。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


にんじんようえいとう
人参養栄湯

病後の体力低下、疲労倦怠、食欲不振、ねあせ、手足の冷え、貧血 目標:病後の体力低下、疲労倦怠、食欲不振、ねあせ、手足の冷え、貧血を目標にする。
応用:(1)病後の衰弱、産後の衰弱、結核症の衰弱などに応用する。
(2)肺結核の浸潤期、腸結核のいわゆる気血ともに虚しているとき。十全大補湯では呼吸器の喘咳、喀血、呼吸困難などはかばかしくない場合。
(3)栄養剤として虚弱体質や衰弱した人に用いられる。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


にんじんとう
人参湯

手足などが冷えやすく、尿量が多いものの次の諸症:胃腸虚弱、胃アトニー、下痢、嘔吐、胃痛

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


はいのうさん
排膿散

化膿性皮膚疾患の初期または軽いもの 目標:疼痛を伴う化膿性の腫物で、患部が緊張、堅硬の状態を示すもの。
応用:フルンケル、カルブンケル、皮下腫瘍、面疔、乳腺炎など。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


はいのうとう
排膿湯

化膿性皮膚疾患の初期または軽いもの 目標:化膿症のきわめて初期、または盛りを過ぎて緩症になり、虚証で熱性の形のもので、とくに開放性の化膿症というのが条件である。局所症状だけで全身症状が少なく、しかも局所の浸潤があまり強くない。しこりや肉芽も堅くないし、緊張感も強くない。膿や分泌物も普通であるというのを目標にする。腹部痙急し、脈は数または数弱のことが多い。
応用:大体において虚証で、熱性の化膿症の初期または緩症に用いる。本方は主として癰疸・○・膿瘍・漏孔等に用いられ、中耳炎・上顎洞化膿症・歯槽膿漏・痔瘻・扁桃炎・肺膿瘍・肺壊疸に応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ばくもんどうとう
麦門冬湯

痰の切れにくい咳、気管支炎、気管支ぜんそく 目標:腹の底からこみ上げてくるような(大逆)、そのため顔が赤くなるような(上逆・上気)、力のこもった咳で、老人、妊婦等は咳のため尿を失禁するほどの強い咳に良い。痰はしばしば濃厚である。稀薄なものはこの症ではない。(小青龍湯・苓甘姜味辛夏仁湯等を考えること)
応用:本方は少陽病の虚状を帯びたもので上逆による痙攣性咳嗽に用いられる。本方は急性、慢性気管支炎・喘息・肺炎・急性慢性咽喉炎・百日咳・嗄声・咽頭結核・肺結核、喀血・糖尿病・脳溢血・高血圧症・動脈硬化症・妊娠中の咳嗽等に応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


はちみじおうがん
八味地黄丸

疲れやすくて、四肢が冷えやすく、尿量減少または多尿で時に口渇がある次の諸症:下肢痛、腰痛、しびれ、老人のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみ 目標:下半身の疲労脱力、多尿頻尿尿利減少、尿の淋瀝、腰痛を目標とする。
応用:膀胱炎、前立腺肥大、高血圧症、糖尿病、脳出血、陰萎、尿崩症、腰痛、坐骨神経痛、産後または婦人科の手術後に来る尿閉または尿失禁、脚気、帯下、遺尿症、白内障等。本方に牛膝、車前子を加えて牛車腎気丸と言う。腰痛がはげしく尿不利のものに効がある。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


はちみしょうようさん
八味逍遙散

肩がこり、疲れやすく精神不安などの精神神経症状、ときに便秘の傾向のある次の諸症:冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


はんげこうぼくとう
半夏厚朴湯

気分がふさいで、咽喉・食道部に異物感があり、ときに動悸、めまい、はきけなどを伴う次の諸症:不安神経症、神経性胃炎、つわり、せき、しわがれ声 目標:神経が不安定で、胃が弱く尿の量も回数も多いもので、咽喉部に異常感(実際には何もない)があって、そのため咳払いをしきりにしたり、内攻性の気鬱や、食欲不振、不眠、浮腫などを呈するものを目標とする。停水は胃内でも体表でもよい。痞えは咽喉部でも精神的な気鬱でもよい。本方はそうした症状を目標にして使う。
応用:(1)胃症状を呈するもの 胃腸虚弱症、胃下垂症、胃アトニー症、食道憩室症、食道痙攣、妊娠悪阻。
(2)神経症状を主としたもの 神経衰弱、ヒステリー、血の道症、神経質、不眠症、ノイローゼ、神経性食道狭窄症、恐怖症、鬱病。
(3)咽頭付近に症状を呈するもの 扁桃炎気管支炎、喘息、百日咳、バセドー病、声帯の浮腫、嗄声、咽喉刺激感、異物感、掻痒感等を訴えるもの。
(4)浮腫を現わすもの 胃内停水があり、これが上下に流れて顔面、手足に虚性の浮腫をきたす。顔面の浮腫、陰のう水腫、腎炎、ネフローゼ等に広く応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


はんげしゃしんとう
半夏瀉心湯

みぞおちがつかえ、ときに悪心、嘔吐があり、食欲不振で腹が鳴って、軟便または下痢の傾向のあるものの次の諸症:急・慢性胃腸カタル、発酵性下痢、消化不良、胃下垂、神経性胃炎、胃弱、二日酔い、げっぷ、胸やけ、口内炎、神経症 目標:本方は心下痞硬、悪心、嘔吐、食欲不振を目標として用い、胃内停水、腹中雷鳴、下痢をともない、舌に白苔のある事が多い。
応用:少陽の病位に属するものである。すなわち熱の邪と水の邪が心下に痞えて、痞硬をきたし、上下に動揺を起こし、嘔吐、腹中雷鳴、下痢などを発するものに用いる。本方は主として胃腸疾患として、急性慢性胃炎・腸炎・胃酸過多症・胃拡張症、胃下垂症、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃腸カタル、誤薬、新薬による胃障害、心下痞え、悪阻、神経性嘔吐などに用いられ、また口中糜爛、口内炎、吃逆、便秘、下痢、神経衰弱、経閉、癲癇、舞踏病等にも応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


びゃっこかけいしとう
白虎加桂枝湯

のどの渇きとほてりのあるもの 目標:現代諸家の多くは「白虎湯の証で、表証がありまたは強く、上衝の気味あるいは著しいもの」としている。白虎湯の目標は「発熱し、汗が出て煩躁するもの」
応用:(1)流感・チフス・丹毒・脳炎・脳膜炎・マラリヤ等で高熱口渇頭痛脈大のもの。
(2)筋炎・骨髄骨膜炎・関節炎・○疸等で疼痛熱感強く脈大のもの。
(3)湿疹・乾癬・ストロフルス・皮膚炎・虫刺・陰部掻痒症等で発疹が大きく熱感とかゆみが強く、あるいは時間を定めてかゆみが増し脈大のもの。
(4)結膜炎・虹彩炎・角膜炎等の眼病や歯痛で充血と痛みが強く脈大のもの。(以下略)(新撰類聚方・頭○)

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


びゃっこかにんじんとう
白虎加人参湯

のどの渇きとほてりのあるもの 目標:熱症状と渇が主症状で、煩渇または口舌乾燥し、水数升を飲みつくさんと欲するほどの飽くことなき口渇である。脈は多くは洪大で、大便硬く、腹部は大体が軟らかで、心下痞硬し、表証としての汗出で、悪風、背寒、悪寒等があり、満腹、口辺の麻痺、四肢疼重、利尿頻数等あるもの。
応用:白虎湯の証に似て、内外の熱甚だしく、さらに津液は欠乏し、渇して水を飲まんと欲し、口舌の乾燥の甚だしいものに用いる。
本方は主として
(1)流感、腸チフス、肺炎、脳炎、中暑、熱射病等で高熱、煩渇、脳症を起こしたもの。
(2)糖尿病、脳出血、バセドー病で煩渇し脈の洪大のもの等に用いられる。
(3)皮膚病のなかで、皮膚炎、蕁麻疹、湿疹、ストロフルス、乾癬等の掻痒甚だしく、患部が赤く充血し、乾燥性で、煩渇をともなうものに応用される。
(4)腎炎、尿毒症、胆嚢炎、夜尿症、虹彩毛様体炎、角膜炎、歯槽膿漏等にも応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


びゃっことう
白虎湯

のどの渇きとほてりのあるもの 目標:発熱し、汗が出て煩渇し、煩躁するものを目標する。患者は身熱、悪熱、煩熱し、脈は浮滑数または洪大で、悪寒をともなわず、自覚的に身体灼熱感があって暑苦しく、他覚的にも病人の皮膚に手を当てると灼熱感がある。口舌乾燥して大いに渇し、舌は乾いて白苔があり、自汗いでて尿利多く、ときに失禁し、体液枯燥の徴候がある。腹はそれほど充実せず、あるいは腹満を訴えることもある。
応用:

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ふかんきんしょうきさん
不換金正気散

胃がもたれて嘔気や消化不良の傾向のある次の諸症:急・慢性胃炎、胃アトニー、消化不良、食欲不振 目標:本方は山嵐瘴気を去るといって、時候当たり、慣れぬ土地、山地などを旅行して、水に慣れず、急性胃腸炎を発して嘔吐下痢等を起こすものに用いる。平常胃腸弱きもの、感冒等にて下痢するものにもよい。
応用:(1)中湿病-山沢を渉り、遠隔地に旅行して水毒に中り、吐瀉するもの。あるいは、湿地に露営し、河川を渉りなどして、悪寒発熱、身体沈重するもの等に用いる。あるいは新築家屋に入って壁湿に中ったもの等によい。白朮・茯苓各3.0を加える。
(2)感冒-夏季聚雨、秋季冷雨の際によん罹ったもの、傷食を兼ねたものによい。(その他急性胃腸炎、水あたり、蕁麻疹・盗汗などに用いる。)

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ぶくりょういん
茯苓飲

吐き気や胸やけがあり尿量が減少するものの次の諸症:胃炎・胃アトニー、溜飲 目標:胃内停水があるか、なくとも膨満感またはつまる感じ強く、尿利減少などのあるもので、嘔吐、吐水、心悸亢進、曖気、軽度の胃痛あるものを目標とする。胃にガスが充満して、そのために食べられないという症状を目標にして本方を用いる。(中略)人参湯よりやや実証のものを目標とする。
応用:主として胃アトニー症、留飲症、胃下垂症、胃拡張症、胃液分泌過多症等に用いられ、また胃腸性神経衰弱、食道憩室等で胃部膨満、曖気、そう囃、振水音などある者に応用される。また胆石症、吃逆、老人の咳嗽、小児の消化不良などに用いることもある。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ぶくりょういんかはんげ
茯苓飲加半夏

吐き気や胸やけがあり尿量が減少するものの次の諸症:胃炎・胃アトニー、溜飲 目標:茯苓飲よりも胸焼け、曖気の多いものを目標とす。少陽の虚証。
応用:茯苓飲と同じとみてよい。強いていえば、嘔吐、曖気のやや強いと思われる場合に用いる。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう
茯苓飲合半夏厚朴湯

気分がふさいで咽喉食道部に異物感があり、ときに動悸、めまい、はきけ、胸やけなどがあり、尿量減少するものの次の諸症:不安神経症、神経性胃炎、つわり、溜飲、胃炎 目標:元来脾胃虚弱で皮膚筋肉の緊張やや悪く、かなり貧血症・無力アトニー型・足など冷え性で、体力は割合に低下し、疲れを感じやすい虚状だが、人参湯証よりはやや実証。口舌多くは湿潤、ほとんど無苔・ときに微白苔、便通は不定。おもな着眼症候は、胸中胃部の停滞痞塞膨満感(心下の抵抗は少ない)・咽中異物感またはその変症(心胸部異常感)・背景としての特有な気鬱神経症状の3つである。
応用:茯苓飲と半夏厚朴湯との、一方の対象疾患で他方の証を兼有するもの。茯苓飲「胃下垂症、胃アトニー症、慢性胃炎、胃神経症、胆石症、小児消化不良など。」半夏厚朴湯「胃アトニー症、胃下垂症、食道痙攣、妊娠悪阻、神経性心気症、不安神経症、神経衰弱、ヒステリー、抑うつ反応、バセドウ症などのほか麻杏甘石湯や小柴胡湯などに合方して気管支喘息、百日咳、特発性気胸などに用いられる。」

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ぶくりょうたくしゃとう
茯苓沢瀉湯

吐いて渇きを覚えるものの次の諸症:胃炎、胃アトニー 目標:胃部に停滞感や悪心があり、食後しばらくして食べたものを吐き、のどがかわいて水を飲むものである。しばしば上衝、頭痛、頭冒感、めまい、心悸亢進などがあって尿利が減少する。腹部は全体にやや軟弱で心下部に振水音をみとめる場合。
応用:胃アトニー症、胃下垂症、胃拡張、胃潰瘍、胃癌、妊娠悪阻、小児吐乳、開腹手術後の癒着などによる障害など。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


へいいさん
平胃散

胃がもたれて消化不良の傾向のある次の諸症:急・慢性胃カタル、胃アトニー、消化不良、食欲不振 目標:胃の消化が悪く、宿食・停水が停滞して、心下部が痞えて膨満感があり、食後腹鳴がおこって、時に下痢するものである。
応用:胃がもたれて消化不良の傾向のある次の諸症:急・慢性胃腸カタル、胃アトニー、消化不良、食欲不振。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ぼういおうぎとう
防已黄耆湯

色白で疲れやすく、汗のかきやすい傾向のある次の諸症:肥満症(筋肉にしまりのない、いわゆる水ぶとり)、関節痛、むくみ 目標:色白く、水肥りの婦人に多いタイプで、肉にしまりがなく、疲れやすく、体が重いと訴え、多くは、膝関節に水腫あるいは疼痛あり、尿利少なく、肩こり、貧血、軽度の口渇を呈するものを目標とする。この方は、風湿表虚の者を治す。故に自汗久しく止まず、皮表常に湿気ある者に用いて効あり。けだしこの方と麻杏よく甘湯と虚実の分あり。麻杏よく甘湯は脈浮汗出ず、悪風の者に用いて汗を発す。この方は、脈浮にして、汗出でて悪風の者に用いて解肌して癒ゆ。(勿誤薬室方函口訣)
応用:(1)感冒後皮膚のしまりが悪く、熱が去らず悪風があって自汗が止まず、頭痛、身体疼痛し、小便不利のもの。
(2)腎炎、ネフローゼ、妊娠腎、陰のう水腫。
(3)癰、○、筋炎、下肢骨カリエス、膝や趾の関節痛、潰瘍、浮腫。
(4)肥満症で筋肉軟らかく、水ぶとりのもの。
(5)皮膚病、蕁麻疹、多汗症。(わきがにも用例あり。)
(6)冷え性、気鬱、月経不順。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ぼういぶくりょうとう
防已茯苓湯

手足のむくみや、冷えやすい傾向のあるものの次の諸症:手足の疼痛・しびれ感、むくみ、めまい 目標:四肢に浮腫があって冷感を訴える陰証のもので、のぼせ、麻痺、下痢などをともなうものを目標とする。
応用:本方は腎炎、ネフローゼ、妊娠腎、尿毒症、子癇、振顫麻痺、黒内障、慢性下痢等に応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ぼうふうつうしょうさん
防風通聖散

腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症:高血圧の随伴症状(どうき、肩こり、のぼせ)、肥満症、むくみ、便秘 目標:肥満性卒中体質者に用いられることが多く、体内に食毒、水毒、梅毒、風毒など一切の自家中毒物が鬱滞しているものを、皮膚、泌尿器、消化器を通じて排泄し、解毒する作用がある。本方は臍を中心として病毒が充満し、俗にいう太鼓腹、重役腹といわれる腹証を呈し、便秘がちで、脈腹ともに充実して力があるものである。だたしそれほと肥満者でなくても、本方の適応するものがある。慢性の皮膚病などによく見られ、本方を服用しているうちにその正証が現われてくることがある。
応用:この方は太陽証すなわち表(皮膚系統)を発散し、陽明証すなわち裏(腸管)を攻め下し、中間の少陽証(胸隔部および心下部)を清熱和解するものである。三焦(上中下)表裏内外にみな病邪が充満しているものを攻撃排除するというときに用いる。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ほきけんちゅうとう
補気建中湯

胃腸が弱くて腹部膨満感のあるもの 目標:本方は虚証の鼓脹、腹水、浮腫に用いる。全身の元気が衰え、浮腫は弾力がなく軟弱で、圧迫した凹みがなかなか元にもどらない。虚証で元気の衰えたものには本方がよい。
応用:浮腫・腹水・鼓脹・肝硬変症・慢性腹膜炎・慢性腎炎・ネフローゼ・心臓弁膜症による浮腫等に応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ほちゅうえっきとう
補中益気湯

元気が泣く胃腸のはたらきが衰えて疲れやすいものの次の諸症:虚弱体質、病後の衰弱、食欲不振、ねあせ 目標:生来虚弱で疲れやすいもので、手足がだるくて、汗が出やすい、食味を覚えない、眼に生気がない、熱いものを好んで食べる、臍の付近で動悸がする、口の中に生唾がたまる、脈は散大で力がないなどを目標とする。
応用:本方は主として結核症、夏やせ、病後の疲労、虚弱体質改善、食欲不振、虚弱者の感冒、痔疾、脱肛、子宮下垂、胃下垂症、陰痿、半身不随、多汗症、風邪ひきやすい者、虚弱児体質改善に応用される。なお、本方の適応者で咳嗽はげしい場合には五味子、麦門冬を加え、「味麦益気湯」と称して用いる。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


まおうとう
麻黄湯

風邪のひきはじめで、さむけがして発熱、頭痛があり、身体のふしぶしが痛い場合の次の諸症:感冒、鼻かぜ 目標:実証で汗がなく、頭痛、悪寒を伴うもので、発熱、関節や身体の痛み、咳嗽、鼻塞などの症状を目標とする。
応用:いわゆる太陽病の表熱実証、熱性病で体質がしっかりしていて充実感のある人で、表面に熱があって筋骨の位に移らんとし、いまだ裏の胃腸に熱が波及しない時期に用いて、熱を発散させるものである。この方を用いるのに、熱のあるときと熱のない雑病に用いるときがある。使い方を分けてみると、(1)熱性病の初期、すなわち感冒・流感・脹チフス・肺炎・麻疹などで、実証で悪寒・発熱・脈浮緊にして汗のないもの。(2)雑病で熱のないのは(a)小児の鼻づまり症、(b)流感で衂血の出るもので汗のないとき、(c)喘息でかぜから起こり、脈浮緊、汗のないもの、(d)夜尿症(吉村得二氏)、(e)乳汁分泌不足、(f)関節リウマチの初期、(g)気管支喘息

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


まきょうかんせきとう
麻杏甘石湯

咳がはげしく、発作時に喘鳴や頭部発汗を伴うもの 気管支喘息、気管支炎 目標:喘咳があり、発作時に油汗がでる、切れにくい痰が出るが、胃腸は正常で、軽い口渇がある。また尿利が減ったり、顔が腫れぼったく見えることがあるが、高熱や悪寒はない。
応用:喘咳が強く、口渇があり、あるいは自然に発汗し、熱感を訴えるもの。(高熱も悪寒もない。)気管支炎や気管支喘息などに用いられ、これに小児の喘息や喘息性気管支炎、感冒、肺炎、百日咳に用いられるほか、痔の痛むものや、こう丸炎に効がある。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


まきょうよっかんとう
麻杏意甘湯

関節痛、神経痛、筋肉痛 目標:発熱して皮膚が乾き、つやのないもので、筋肉関節などに腫があり、とくに夕方、熱や痛みが増劇するものを目標とする。
応用:本方は主として筋肉リウマチ、関節リウマチ、神経痛、疣贅、手掌角皮症、水虫などによく用いられ、また妊娠腎、腎炎、肺壊疸、肺膿瘍、頭のふけ、手足のあれ症、身体麻痺、凍傷、湿疹、喘息等に応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ましにんがん
麻子仁丸

便秘 目標:本方は緩和な下痢で、常習便秘のもの、老人で体力の衰えたもの、病後等に便秘するものに用いる。また尿量が多くて、大便が硬いというのは本方の目標である。
応用:本方は主として常習便秘に用いられるが、また尿意頻数・夜尿・萎縮腎の便秘・痔核などにも応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


よくいにんとう
意苡仁湯

関節痛、筋肉痛 目標:麻黄加朮湯、麻杏よく甘湯、よりもやや重症で、これらの処方を用いても治らず、熱感・腫痛が去らず、慢性に移行せんとするのが目標である。亜急性のものによく効く。桂芍知母湯を用いる一歩手前というところに用いてよい。
応用:関節リウマチの亜急性期および慢性期に入った場合に多く用いる。すなわち、本方は主として多発性関節リウマチ、漿液性関節炎によく用いられ、また結核性関節炎、筋肉リウマチや脚気等に応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


よっかんさん
抑肝散

虚弱な体質で神経がたかぶるものの次の諸症:神経症、不眠症、小児夜なき、小児疳症 目標:「本方は小児直指方の急驚風門に掲げられた処方で、小児のひきつけに用いられるものである。肝気が亢ぶって神経過敏となり、怒りやすく、いらいらして性急となり、興奮して眠れないという、神経の興奮を鎮静させる働きがある。」(この精神状態に着目すれば種々の病気に適応できる。なお肝火の引き起こされる状態には、めまい、締め付けられるような頭痛、頸頭部のこり、四肢のしびれ、肢体○動、眼瞼・顔の引きつれや痙攣・唇・舌・指のチック症状、歯ぎしり、言語障害、歩行障害、手足の痙攣など、筋攣急に関係あることが多い。)
「本方は四逆散の変方で、左の脇腹が拘攣しているのが目標である。神経系の疾患で、左腹が拘急し、突っぱり、四肢の筋脈が攣急する病気には何病でも用いられる。」
応用:「神経症で、刺激症状が激しく、一般に癇が強いといわれているが、その興奮を抑え、鎮静させるところから、抑肝散と名づけたものである。本方は主として癇症・神経痛・神経衰弱・ヒステリー等に用いられ、また夜啼・不眠症・癇癪持ち・夜の歯ぎしり・癲癇・不明の発熱・更年期障害・血の道症で神経過敏・四肢痿弱症・陰痿症・悪阻・佝瘻病・チック病・脳腫瘍症状・脳出血後遺症・神経性斜頸等に応用される。」

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


よっかんさんかちんぴはんげ
抑肝散加陳皮半夏

虚弱な体質で神経がたかぶるものの次の諸症:神経症、不眠症、小児夜なき、小児疳症 目標:抑肝散は保嬰撮要の急驚風門に掲げられた処方で、小児のひきつけに用いられるものである。肝気が亢ぶって神経過敏となり、怒りやすく、いらいらして急性となり、興奮して眠れないという、神経の興奮を鎮静させる働きがある。抑肝散は四逆散の変方で、左の脇腹が拘攣しているのが目標である。神経系の疾患で、左の腹が拘急し、突っぱり、四肢の筋脈が攣急する病気には何病でも用いられる。この証が慢性化し、長い間苦しんでいると腹筋は無力化し、左の腹部大動脈の動悸がひどく亢進してくる。これが抑肝散加陳皮半夏の腹状である。
応用:神経症で、刺激症状が激しく、一般に癇が強いといわれているが、その興奮を抑え、鎮静させるところから、抑肝散と名づけたものである。抑肝散は主として癇症、神経症、神経衰弱、ヒステリー等に用いられ、また夜啼、不眠症、癇癪持ち、夜の歯ぎしり、癲癇、不明の発熱、更年期障害、血の道症で神経過敏、四肢痿弱症、陰痿症、悪阻、佝瘻病、チック病、脳腫瘍症状、脳出血後遺症、神経性斜頸等に応用される。抑肝散の証が長びいて、虚証を呈してきたとき特有の腹証になるが、そのときには陳皮、半夏の加味方を用いるのである。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


りっこうさん
立効散

抜歯後の疼痛、歯痛 目標:抜歯後の疼痛、歯痛を目標とするとされているが、外傷による激痛にも応用できる。
応用:目標に同じ。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


りっくんしとう
六君子湯

胃腸の弱いもので、食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れやすく、貧血性で手足が冷えやすいものの次の諸症:胃炎、胃アトニー、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐 目標:胃腸虚弱で顔色さえず胃内停水があり、疲れやすく、貧血、腹鳴、下痢を伴ない、頭重、めまい、食後ねむくなるなどの症状のあることを目標とする。
応用:主として慢性胃炎、胃下垂症、胃アトニー症に用いられ、また慢性腹膜炎、胃癌、胃潰瘍、消化不良、自家中毒症、食欲不振、虚弱者の胃腸型感冒、嘔吐、悪阻、神経衰弱症、肩こり、虚弱者や老人、脳溢血患者の養生薬に応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


りゅうたんしゃかんとう
竜胆瀉肝湯

比較的体力があり、下腹部筋肉が緊張する傾向があるものの次の諸症:排尿痛、残尿管、尿の濁り、こしけ 目標:下焦(下腹部陰部の臓器)の諸炎症で、充血、腫脹、疼痛をともなっているものに用いる。急性または亜急性の炎症があって実証のものに用いる。
応用:膀胱と尿道、子宮膣部等下焦における炎症に用いるもので実証に属する。急性または亜急性の尿道炎、膀胱炎、バルトリン腺炎、帯下、陰部のかゆみ、陰部痒痛、子宮内膜炎、膣炎に用いられ、下疳、鼠蹊リンパ腺炎、睾丸炎、陰部湿疹、トリコモナス、膣炎等に応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


りょうきょうじゅっかんとう
苓姜朮甘湯

腰に冷えと痛みがあって、尿量が多い次の諸症:腰痛、腰の冷え、夜尿症 目標:腰部または腰以下に冷感を訴え、「水中坐せるがごとく」「腰以下冷痛し、腰重きこと五千銭を帯ぶるが如し」という表現のとおりである。また冷えばかりでなく、五千銭を帯ぶるがごとく重く感じる。あるいは冷痛する。脈は沈んで細く微で、舌苔や口渇はなく、一般に腹壁は軟らかいことが多い。小便不利や頻尿がある。また冷湿、陰下湿とあるように、湿疹のときには薄い分泌物をともなうものである。
応用:腰以下の寒冷により、その表面に寒と水とが現われる状態で、腰や脚の冷重寒、冷痛、身体倦怠感等を訴えるものに用いる。本方は主として腰痛、腰冷、坐骨神経痛、夜尿症、帯下、遺尿症等に用いられ、また湿疹、潰瘍、漏孔、脚痿弱等に応用される。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


りょうけいかんそうとう
苓桂甘棗湯

動悸があり神経のたかぶるもの 目標:臍舌の動悸を最優先の目標とし、胃内停水を原因とする右腹直筋の緊張、下腹一帯の拘急、腹痛、発作性の上衝、嘔吐、頭痛などを呈するものに用いる。臍の下の動悸劇しく、時々上へつき上げてきて、あるいは胸中つまるがごとく、あるいは心下部、腹部など劇しく痛み、あるいは嘔吐を生じ、あるいは頭痛などする者、一番の目標は下腹の動悸なり。
応用:ヒステリー発作、神経性心悸亢進症、不安発作による心臓神経症、子宮痙攣、胃痙攣などに用いられる。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


りょうけいじゅっかんとう
苓桂朮甘湯

立ちくらみ、頭重、胃内停水感などがあるものの 心悸亢進症、めまい、胃下垂、胃アトニー 目標:虚弱で神経質のもので、胃内停水があり、気の上衝によるめまい、身体動揺感、尿利減少、心悸亢進、眼の充血などを目標とする。
応用:神経衰弱、神経質、ヒステリーの類や胃下垂、胃アトニーで、貧血、眩暈、心悸亢進、息切れ、心下部膨満感などを訴えるものに頻用する。バセドー氏病、心臓弁膜症・機能不全、神経性心悸亢進症などで、貧血、心悸亢進、息切れを訴え、あるいは軽度の浮腫をともなうものにも用いる。慢性腎炎、萎縮腎などの浮腫が軽度なら、心悸亢進を伴なう虚証のものに使う。眩を羞明として急性カタル性結膜炎、ことにフリクテン性結膜炎によく使う。本方のめまいは頭を動かすと起こるのが特徴である。

大山漢方堂薬局
漢方薬(煎じ薬)


ろくみじおうがん
六味地黄丸

疲れやすくて尿量減少または多尿で、ときに口渇があるものの次の諸症:排尿困難、頻尿、むくみ、かゆみ 目標:疲れやすく肩もこりやすい。ときにはめまいや頭の重いときもある。腰から下に力の抜けた感じがわずかながら感じられることが多く、ひざががくがくしたり転びやすかったりする。夜間排尿に起きる回数が多く、そのたびに水を飲む傾向がある。ヘソの上と下の腹力を手で押さえてみると、上に比べて下がはるかに腹力が落ちているという症状が、この薬方の大事なキメ手。八味丸に準じ、しかも陰証ときめがたく、附子を用いられないもの。小児は生命力が旺盛で陽気が強いため、附子を用いがたいことが多い。そのときはこの方とする。八味丸より陽を増す桂枝附子を除いたもので、陰(冷やす力)が衰えたが、陽(暖める力)がまだ残存しているものに用いる。
応用:疲れやすくて尿量減少または多尿で、ときに口渇のあるものの次の諸症:排尿困難、頻尿、むくみ、かゆみ。八味丸同様腎虚ではあるが、陽が虚していないものに用いる。つまり八味丸が冷えが中心であるのに本方は虚熱があるときに用いる。

注意)上記漢方薬を2週間服用しても効果に満足できない場合は、大山漢方の調合漢方薬(オーダーメイド)をお勧めします!
大山漢方堂薬局に、一度、お電話ください。0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)


      

<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、



お電話にて、直接、大山漢方堂薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

以上、よろしくお願い致します。




大山漢方堂薬局の漢方薬(和漢薬調合)は、

@安全(Anzenn)・A安定(Antei)・B安心(Anshin)
トリプルAを目指しています。

@安全性の確保された生薬を使用:
精密測定機器を使い、残留農薬、重金属、ヒ素などを測定し、
安全性の確保された生薬を使用しています。

A安定した品質の生薬を使用:
生薬の生産地を調査、厳選し、また栽培・採取・加工・在庫などの状況を確認して
安定性の確保された生薬を使用しています。

B安心をお届け:
安全且つ安定した漢方薬を供給し、
お客様に安心をお届けします。


お問い合わせは、
漢方を現代病に活かす!漢方専門 大山漢方堂薬局
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)
まで、お気軽にお問い合わせください。

大山漢方堂薬局
漢方健康相談コーナーへ、クリック!





佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      

医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。


(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。



「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介


" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine



<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp